ヨーロッパの懸念の中心に環境


この記事を友達とシェア:

欧州連合(EU)は、やや離れた環境のテーマを持っている危機。 しかし、ユーロバロメーターによると、ヨーロッパ人の大半は、環境保護が経済競争力を向上させることよりも重要な目標であると考えています。

Les explications de Nando Pagnoncelli d’Ipsos Italie : « Il est assez vrai qu’aujourd’hui en Europe, il existe une forte préoccupation pour le développement et pour la relance de l’économie. Mais c’est vrai aussi que, dans la phase actuelle de morosité économique, il y a une forte demande de protection sociale. Ceci se traduit par une exigence de droits supplémentaires et d’une meilleure qualité de vie. »

ギリシャ、スロベニア、ポーランドは...これらの3カ国では、回答者の90%以上を、環境が経済・社会政策と同様に重要です。 ヨーロッパの平均が、これは一般的な関心事であることを言うように、85%です。

オンユーロニュース動画を見ます


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *