米国で使用率の低い水力発電


この記事を友達とシェア:

アイダホ国立工学環境研究所(INEEL)によると、米国は未開発の水力資源を有する国で第四に置かれることになります。 エネルギー省が資金を提供し、プロジェクトの一環として、INEELの科学者たちは、米国の領土にマップにこれらのリソースをまとめました。 目的は、代わりに環境にしばしば有害な大型ダムの、より小さな水路に未満1メガワットの小型発電機の設置を促進することです。 170 000のメガワットの近くに自然保護地域を流れる河川を除くと、したがって、現時点では2倍以上を生産することができました。 実際には、水力発電の開発の主な障害は、そのコストです。 それは、その唯一の欠点は、この地域への投資を回収するために50年かかります
税制上の優遇措置を補償することができます。 1980年では、この種の政策の実施は、マイクロの設置を後押し助けたが、早期1990年におけるシステムの終わりには、この成長を停止しました。 今日では、米国のエネルギー需要の7%がダムから85%水力、によって提供されています。

BG 18 / 10 / 04(科学者は、小規模水力発電を想定します)

記事全文を読みます


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *