CO2燃料1リットル当たりの排出量:ガソリン、ディーゼル、またはLPG


この記事を友達とシェア:

あなたは、ガソリン、ディーゼル、またはLPGを使用した燃料次CO2排出量は何ですか?

このページはページの実用化と合成であります 燃焼式とCO2。 私たちは、方法論を知るために、このページを読むために読者を招待します。

メソッドを思い出してください

2n:我々はCO44でのリリースの質量があるという知見に到達するように、燃焼式から始めます。

炭化水素(家族のN指数 アルカン彼らを参照してください。 分類)誰の一般式Cのn H(+ 2n 2)です。

我々は3最も一般的な燃料の場合を研究しました:
a) 本質
b) ディーゼル
c) LPGやLPG

種:2,3キロあたりリットル

化学的には、ガソリンは純粋オクタン又はn = 8と同一視することができます。 現実には、添加剤を含むガソリン以上100異なる分子を、そこにあります。

消費モルオクタンによって拒否質量CO2は、次のとおりです。* 44 8 352 =グラム。
CO2のリリースの燃料消費量のレポートは= 352 / 114 3,09です

ガソリンの密度は0.74キロ/リットルとガソリンの1グラムが燃焼されることを知っ3.09グラムをCO2を拒否し、我々が得る:* 0.74 3.09 2.28 = CO2が燃焼ガソリン1リットルあたりkgです。

または2,3は、ガソリン1リットル当たりのCO2をkgです。

ディーゼルまたは加熱油:2,6キロあたりリットル

化学的には、Dieslまたは加熱油は、純粋なヘキサデカン又はn = 16と同一視することができます。

消費モルオクタンによって拒否質量CO2は、次のとおりです。* 44 16 704 =グラム。
CO2のリリースのディーゼル消費レポートは= 704 / 226 3,16です

0.85グラムCO1はガソリンの密度は3.16キロ/リットルと焼かディーゼルの2グラムであることを拒絶知って、我々が得る:* 0.85 3,16 2.67 =キロリットル当たりCO2二塩燃やしました。

燃料としてディーゼル、多かれ少なかれ重い分子の混合物は、一般的に2,6の値を保持することを考えます。

または2,6は、ディーゼルのリットル当たりCO2をkgです。



LPGやLPG:1,7キロCO2あたりのリットル(注意下記の注を参照してください)

LPGは、ブタンおよびプロパンの混合物であるとC4H10 C3H8です。 次オイルは、1または他のコンポーネントに40 60の割合を変化させます。

我々は50 / 50または3,5のn =媒体の平均値を保持します。

消費モルオクタンによって拒否質量CO2は、次のとおりです。* 44 3,5 154 =グラム。
CO2のリリースのディーゼル消費レポートは= 154 / 51 3,02です

LPG 50 / 50 0.55の密度が拒否15グラムCO1焼か°C 3,02と2グラムLPGでキロ/リットル程度であることを知って、我々が得る:* 0.55 3,02 1.66 =キロリットル当たりCO2二塩燃やしました。

または1,7は、LPGのリットル当たりCO2 kgのが、

重要な注意: LPGのリットルによって供給されるエネルギーは、ガソリンやディーゼル燃料のそれよりはるかに小さいので、注意この値は、ガソリンのそれと比較することはできません。

LPG車ので、より多くのLPGが25 30ガソリンより%未満で重ので、完全に論理的であるガソリン100kmに比べリットルの25 30%以下で消費されます。

ガスと、常に体重ではなく、ボリュームによって考えることが重要です。


Facebookのコメント

1 commentaire sur “Emissions de CO2 par litre de carburant: essence, diesel ou gpl”

  1. je suis heureux de lire cette page qui met en évidence ce qui l’est pour moi depuis bien longtemps.
    Mais au delà de ça, on ne parle pas de la transformation du brut en essence, processus plus complexe que pour le gasoil.
    Et si on veut s’attaquer au diesel qui pollue alors allons voir du coté des navires…à quand une vraie taxe carbone sur les transports commerciaux qui rééquilibrerait les échanges et relancerait des productions locales. Mais cela ne ferait pas les affaires de multinationales d’où leurs lobbies et nos pseudo écolos qui ne voient pas plus loin que le bout de leur nez …ou de leur portefeuille corrompus.
    Et si nous passions les véhicules à l’électrique, combien de centrales EPR faudra t’il pour alimenter toutes ces voitures ?
    De plus qui fabrique des batteries … allemands et chinois et en France… Bolloré ? CQFD. Sans parler du recyclage…en progrès ?
    Bref, tout ceci n’est que foutage de gueule de notre gouvernement qui renfloue les caisses de l’Etat sur notre dos…comme toujours depuis la nuit des temps…on a coupé des têtes à une époque…

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *