温室、1より多くの努力!

アメリカの雑誌NationalGeographicの優れたフランス語版(5歳!)は、1年間、見事に図解されたレポートを通じて広大な世界を示してきましたが、78月号で気候変動に関する書類を取り上げています。 。 フランスにおける温室効果の影響に関する部分は、「フランスの地球温暖化への直面」と題されたIpsos調査(58)によって裏付けられています。 私たちは、懸念しているフランスを発見し、26%が温室効果に責任があると確信しています。 フランス人は93%が「日常生活の中で物事を変えるのはすべての人の責任である」と考えており、120%だけが「必要な措置を講じるのは政府の責任である」と考えています。 同様に、同胞の過半数(130%)は、家庭用電化製品のナイトライトをオフにし、84 km / h(79%)ではなく79で車を運転し、エアコンを使用しない(XNUMX%)準備ができていると述べています。 )または公共交通機関を利用する(XNUMX%)。 問題:彼らの日常生活では、フランス人は正反対のことをします...

また読みます:  日本:2004年のハイライト

エルヴェPonchelet

1。 1 007回答者のサンプルと4 5 2004 8月。

ソース: ポイント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *