生態系や地球温暖化

地球規模の変化に対する生態系の敏感さ

キーワード:変化、気候、生物多様性、種、脅威、研究

アルパインエコロジーラボラトリー(CNRS-UniversitéGrenoble1-UniversitéChambery)を含むいくつかのヨーロッパの研究所によって実施された研究は、地球規模の変化に対する生態系の感受性が21世紀の終わりまでに特定のヨーロッパ地域の脆弱性を高める可能性があることを示しています。世紀。 この脆弱性は、生物多様性、土壌肥沃度、または水資源の低下の結果であると考えられます。 この現象は、特に地中海と山岳地帯に影響を及ぼします。 この作品は、27年2005月XNUMX日にScienceOnlineに掲載されました。

地域によっては、この生態学的サービスの低下は、生物エネルギー作物や森林、森林地域、または森林のレクリエーションや保全のために農業によって解放された地域の生産性の向上の恩恵によって相殺される場合と相殺されない場合があります。生物多様性。 これらの予測は、気候変動に関する政府間パネル(GICC)のシナリオから導き出された、気候変動、大気中の二酸化炭素含有量、および土地利用のシナリオに対する生態学的サービスの応答のモデル化に基づいています。

このモデリングの結果は、グローバル社会の方向性とエネルギー政策の観点からのその結果に関する仮説に基づいて、可能な未来を表しています。 検討されたシナリオとモデルの数、および関係する社会経済部門と協議して分析された生態学的サービスの多様性によって、ヨーロッパでは独特です。

検討された気候シナリオは、地域間の強い変動を示していますが、例外なく、ヨーロッパ全体で平均2,1〜4,4°Cの温暖化に寄与しており、特に北部地域で顕著です。 降水量の変化の予測は非常に不確実ですが、考慮されたすべてのシナリオは、南部、特に夏の降雨量の減少につながり、北部では増加します。

最も重要な予測事実は次のとおりです。

  • バイオエネルギー作物を通じてより持続可能な戦略に向けてエネルギー生産を適応させる機会は、北ヨーロッパの地域にとっては強力ですが、干ばつのために南部では限られています。
  • 同様に、森林生産は、気候とCO2による生産性の増加と利用可能な表面の複合効果の下で、ヨーロッパ全体、特に北部で増加するでしょう。 この潜在的な増加にもかかわらず、シルビカルチュラル管理の決定は、市場と公共政策の影響下で生産を規制し続けるでしょう。 地中海地域では、火災の急増に関連するリスクが追加されます。
  • 人口と気候変動の予測される増加は、特に地中海地域で、すでに不足している多くの地域の水の利用可能性を低下させるでしょう。 これらの影響は、灌漑と観光の需要の増加によってさらに強調されます。 さらに、雪の形での降水量の減少に起因する山岳地帯の水文レジームの変化は、夏の期間中の利用可能性の低下につながります(例えば、灌漑や水力発電のために)が、リスク主要な冬の洪水が増えるでしょう。
  • 積雪量の減少は山岳地帯の観光にも影響を及ぼし、今日すでに観察されている状況を強調します。
  • 生物多様性への影響は特に深刻であり、山岳地帯や地中海地域などの最も敏感な地域に現在存在する植物種の50%を超える可能性のある局所的な損失があります。 氷河作用後のように移動する種の固有の能力、および人間の活動(農業、都市化など)による景観の変化によって表される障壁に応じて、これらの種の損失は補償される場合とされない場合があります。例えば温帯または北方地域での新種の到着によって。 とにかく、多くの地域は彼らの植物相を見るでしょう、そしてそれ故に彼らの風景は根本的に変わりました。
  • 特に林業における一次生産性の増加と農地の減少の組み合わせは、当初、現在の炭素吸収量を増加させることを可能にするでしょう。 この傾向は、気温の上昇の影響により、2050年から逆転するでしょう。
  • より「経済的」志向のシナリオは、調査したすべてのサービスに最も深刻な影響を与える傾向があります。 ただし、環境の観点から最も積極的なシナリオ、したがって気候変動の観点から最も深刻でないシナリオであっても、生物多様性、水の利用可能性、有機土壌の肥沃度などの特定のサービスへの影響は依然として重要です。 。

この共同研究では、グルノーブルのアルパインエコロジー研究所のサンドララボレルのチームが、そのスキルを生物多様性に関する研究の分野にもたらしました。 彼女はまた、土地利用シナリオのモデリングにも参加しました。

参考文献:

エコシステムサービスの供給とヨーロッパの世界的変化に対する脆弱性。 Schröter、D。、Cramer、W.、Leemans、R.、Prentice、IC、Araújo、MB、Arnell、NW、Bondoau、A.、Bugmann、H.、Carter、TR、Garcia、CA、de la Vega-Leinert 、AC、Erhard、M.、Ewert、F.、Glendining、M.、House、JI、Kankaanpää、S.、Klein、RJT、Lavorel、S.、Lindner、M.、Metzger、MJ、Meyer、J。、 Mitchell、TD、Reginster、I.、Rounsevell、M.、Sabaté、S。、Sitch、S.、Smith、B.、Smith、J.、Smith、P.、Sykes、MT、Thonicke、K.、Thuiller、 W.、Tuck、G.、Zaehle、S。、およびZierl、B。(2005)。 Science Online、27年2005月XNUMX日。

コンタクト:

研究連絡先:
Sandra Lavorel - 電話番号:04 76 63 56 61 - Eメール:sandra.lavorel@ujf-grenoble.fr
Wilfried Thuiller-Tel:04 76 51 42 78-Email:thuiller@sanbi.org

ライフサイエンス学部に連絡する:
Jean-Pierre Ternaux - 電話:01 44 96 43 90 - Eメール:jean-pierre.ternaux@cnrs-dir.fr

プレス連絡先:
Martine Hasler - 電話番号:01 44 96 46 35 - Eメール:martine.hasler@cnrs-dir.fr

ソース

また読みます:  フランスの地球温暖化の熱2

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *