アースシップビデオ(エコハウス)

「アースシップ」ハウスのビデオプレゼンテーション

Ekopediaによると:

「アースシップは、70年代にアメリカの建築家ミカエルレイノルズによって発明された家であり、完全に自律的な家をより低コストで作成することを期待しています。

彼の目標を達成するために、ミカエルレイノルズは以下に依存しました:
-材料回収(使用済みタイヤ、缶、ガラス瓶、木くずなど)、
-ソーラーパネル、風力タービン、またはその他の再生可能エネルギー源を使用したエネルギー生産、
-南向き、
-大規模な絶縁壁構造、
-雨水の回収と浄化。

Earthshipsの究極の目標は自給自足であり、下水道の接続を不要にするために人間の廃棄物をリサイクルするためのドライトイレやその他の施設もあります。 「」

詳細:
Forum HQEと生態学的生息地
ディスカッション アースシップ、リサイクルされた環境に優しい家

1ereビデオ:

2iemeビデオ(1 / 2):

また読みます:  フィリップ・セギン、公的債務詐欺を非難

2iemeビデオ(2 / 2):

 

ファイルをダウンロードします(ニュースレターの購読が必要になることがあります) アースシップビデオ(エコハウス)

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *