フランス文書の関係書類:気候変動

90の10年における地球温暖化の現実、およびこれらの規制緩和における人間の責任に留意して、政治指導者は地球温暖化と戦う政策を開始しました。 2月2005に発効する京都議定書は、温室効果ガスを削減する戦略の最新の例です。 しかし、この政策は先進国を分割することなく、先進国の成長モデルに疑問を抱く傾向がなく、南部諸国は開発プロジェクトを心配しています。

オンラインでファイルを読む

また読みます: クリーンエンジン:13hのVitry市庁舎の水エンジン

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *