ドキュメンタリー:RAS原子力、報告する何もありません

核RASドキュメンタリー、報告するものなし、EDFおよび核下請け! 2009年XNUMX月にArteでドキュメンタリー放送

原子力労働者は影から出てきて、彼らの労働条件と安全条件の心配な絵を描きます。 模範的な調査。

それらは「ジャンパー」と呼ばれ、蒸気発生器に入り、それを原子炉に接続するパイプを密閉する責任があります。 最大許可滞在:放射性過剰摂取のペナルティの下で、90〜120秒! 彼らは、原子力発電所のメンテナンスを担当する一時的で低賃金の労働者の集団の一部です(除染剤、機械工、検査官など)。 この映画で初めて沈黙から抜け出し、ヨーロッパ産業の宝石のXNUMXつの不穏な絵を描く影の労働者。 市場の自由化とエネルギーグループの民営化により、労働条件が悪化し、労働者の健康と安全が損なわれているようです。 収益性の名の下に、EDF / GDF-スエズ、アレバなどはますます下請けに頼り、スタッフとメンテナンスを削減し、従業員に圧力をかけています...

詳細:
核ドキュメントを委託。 核RAS

-ドキュメンタリー チェルノブイリの戦い
Forum 核エネルギー
福島核事故(2011年XNUMX月)

また読みます:  ダウンロード:、T1ダミーのためのソーラー

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *