ドキュメンタリー:RAS原子力、報告する何もありません


この記事を友達とシェア:

ドキュメンタリーRAS原子力、報告する何も、EDFと核アウトソーシング! 月2009でアルテで放送ドキュメンタリー

原子力労働者たちは、労働条件と安全保障条件の憂慮すべき絵を描くために影から現れています。 模範的な調査

それらは「ジャンパー」と呼ばれ、それらを原子炉に接続するパイプを塞ぐために蒸気発生器に入る責任があります。 許容される最大滞在日数:90から120秒、放射性過剰摂取のペナルティーの下で! 彼らは、原子力発電所のメンテナンスを担当する、一時的で給料の少ない労働者の一員です(除染剤、整備士、管理者など)。 この映画で、ヨーロッパの産業の宝石の一つの憂慮すべき絵を描くために沈黙の初めてのために出てくる影の労働者。 市場の自由化とエネルギーグループの民営化以来、労働者の健康と安全に反して労働条件は悪化しているように見えます。 収益性の名において、EDF / GDF-Suez、Areva、その他はますますアウトソーシングに頼り、労働力と維持費を削減し、従業員に圧力をかけています...

詳細: 核ドキュメントを委託。 核RAS

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *