ディーゼル:ルノーとPSAプジョー・アップは、水噴射エンジンを開発します


この記事を友達とシェア:

ここで早く出すために一緒にすべての水噴射の守備とGillier-パントン、非公式なソース(元同級生)によると、ルノーとPSA作業を喜ばせるべきであるいくつかのニュース(つまりすなわちエンド2009)ディーゼル極めて類似した水噴射 プロセスGillier-パントン.

これらの作品は、ルノーが追求および特許2005に読み込むされた水の注入に作業の継続に配置されます。 排気ガスによって水と加熱を注入するためのルノー特許.

この特許における新規性はの使用であります 電子制御瞬間蒸気発生器 進化しましたが、ほぼ同じような「リアクター」スチーム処理、GPリアクターとまったく同様です。 水蒸気をイオン化。 これは、私たちが一年以上あり、よりEconologie.comに発行された説明に完璧にフィット公式な説明です。 読みます: 原子炉GP中の水蒸気のイオン化の理論.

私たちの研究と比較して別の進化:運転手が「水がいっぱい」でなければならないのを避けるため、ルノーは 排気ガスの凝縮。 ルノーは、特許2004を求めていたので、ここでも仕事は、最近ではありません。 ルノー特許縮合排ガス.

ルノーの凝縮排気

システムが最初に終了2009マウントされます、 シリーズルノーのdCi V6に年のフランスのメーカーが来て2のエンジンの全範囲に拡張されます。

ルノーDCI水V6

商業名称はまだ明らかにされていないが、間違いなくGillierパントン-名称は無視されます... NIH症候群 あまりにも頑固です...

詳細: 水でドーピング、合成.


Facebookのコメント

「:水噴射エンジンを開発するためにルノーとPSAプジョーアップディーゼル」の1コメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *