消費者独裁に対する緑の独裁

先週、AFPはディスパッチを公開しました。その紹介は次のとおりです。

「生態学的独裁」または環境に対する勇気あるジェスチャー? マールブルグ(西)の住民は、将来、ソーラーパネルを取得するための罰金の罰則の下で義務付けられるでしょう。これはドイツで議論されている実験です。

金曜日に、社会民主党/緑の連合によって率いられた約80.000人の住民のこの大学の町の市議会は、その物議を醸す「太陽憲章」を公式に採択する予定です。 「」

このテキストは、かなり中世の街に建てられた新しい家には、暖房とお湯のためのソーラーパネル(…)を装備する必要があると規定しています。

この義務は、すでに建設されているが、屋根または暖房システムを変更する建物にも適用されます。 すべて所有者の費用で。

「私たちは環境に配慮した独裁政権に直面していますが、誰もあえて何も言うことはありません」と野党の政治家ヘルマン・ウクトマンは嘆く。

「私たちが何かを達成することは制約付きではありません」と、不動産所有者のハウス・ウント・グルンドの協会はその一部を保証します。

また読みます:  発売中のPantoneキット:注意してください!

「グリーン独裁」! くそー、その言葉はフランス最大の報道機関によって発表され、伝えられています...どちらかですが、この場合、私たちの世界には他の多くの「独裁者」がいるでしょう...

はじめに:
-石油独裁、
-外観の独裁、
-広告の独裁、
-全車独裁、
-収益性の独裁、
- ...

要するに、私たちはそれを過剰消費またはお金の独裁の一般的な用語で要約することができます...しかし、システムはよくできています:政治的独裁とは異なり、私たちの消費の道徳的独裁では、ほとんどの人が気づいていません彼らの登録..。

本当の石油独裁者も忘れないようにしましょう...しかし、これらは私たちのごく少数に関係しています: 見えない心の外…

継続と議論

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *