科学者は二酸化炭素の使用のための戦略を開発する

この記事を友達とシェア:

京都会議では、関連する国は二酸化炭素の生成を低減することにしました。 このような、教授として、 ドルトムントの化学的および生物工学の学部の博士アルノBehr社は、二つのプロセスを開発しました。 専門家として、彼は貴重な原料に使用し、二酸化炭素の転換に関する研究の25年以来、実行します。 彼は彼らの収益性と試験所での技術的な実現可能性の観点から、化学反応を研究しました。 彼の椅子「化学プロセスの開発」の一つであります
まれな能力は、ドイツにおける二酸化炭素の化学的性質を中心。

M. Behr社によって開発された最初の方法は、遷移金属の触媒作用の活性化である:二酸化炭素は、例えば自動車用触媒のように、金属に遭遇アクティブで形成する水素と反応することができますギ酸(E 236)、その後することができます
付加価値化は、他の製品に転換します。 第二の例では、付臭剤として、またはプラスチックを作成するための基本として使用できるラクトンを生成ブタジエンと二酸化炭素との反応です。

第二の方法は、プラズマ中の二酸化炭素の分子を活性化するマイクロ波放射の活性化です。 次いで、これを、アルコールまたはガソリンの製造に使用することができる合成ガスに天然ガスと反応することができます。

もちろん、これらのプロセスはCO2の一部を変換することができますが、それはすでに最初のステップです。 より実用的なソリューションの開発は、より集中的な研究が必要です。

コンタクト:
- 教授 博士アルノベア - TEL:+ 49 231 755 2310、ファックス:+ 49 231 755 2311 -
メールアドレス:
behr@bci.uni-dortmund.de
ソース:デペッシュ・IDW、ドルトムント大学のプレスリリース、
23 / 02 / 2005
編集者:ニコラスCondette、
nicolas.condette@diplomatie.gouv.fr

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *