CSTB:正のエネルギーを持つ建物

フランスでは、建物は総エネルギーの約46%を消費し、温室効果ガス(GHG)の25%を生成します。 したがって、これらは、4年までに達成されるGHG排出量の2050による分割において、かなりの潜在的なエネルギー節約の源と重要な要素を表しています。


フランスの建築および住宅部門のエネルギー消費

28年2006月XNUMX日、パリでCSTBは、モニターグループと協力して、ポジティブなエネルギーの建物に捧げられた情報の日を開催しました。 見事なプレゼンテーションや円卓会議では、XNUMXつのテーマが取り上げられました。
-建物のエネルギー消費の課題、
-ポジティブエネルギービルディングの最初の実現
-技術開発、
-国際的なアプローチ、
-進行中の研究、
-一般化の始まり。

また読みます:  検索エンジンの改良

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *