成長、GDPとエネルギー消費量


この記事を友達とシェア:

エネルギーと経済成長:概要! レミGuilletによって。 1ereパーティー:成長とエネルギー.

読みます 2部分:世界のエネルギー源.

著者レミGuilletについて

レミGuillet

レミGuilletエンジニアECN(例えばENSM)、彼は1966に卒業しました。 彼は大学の機械的エネルギーの博士号を持っています。 ポアンカレナンシー1(2002)とDEA経済パリ13(2001)

エネルギーと経済成長。

我々は、世界中のエネルギーについて話すとき、基本的には一次エネルギーの他の形態は、まだ今日逸話残り、化石燃料について話している(以下5%!)。

Avec la pratique du feu, l’énergie fossile s’est imposée aux hommes comme une évidence, d’abord sous forme solide (le charbon), puis liquide (le pétrole) enfin sous forme gazeuse (le gaz naturel). Sa présence un peu partout sur la planète, son apparente « abondance », sa relative facilité d’utilisation, auront fait de l’énergie fossile le fondement de la croissance économique du XIXème et surtout de celle, extraordinaire, qu’aura connue la deuxième moitié du XXème siècle.

Et la volonté d’optimiser l’utilisation de chacune de ces « formes » (phases diraient les physiciens) aura engendré des innovations et autres avancées technologiques souvent géniales (machine à vapeur, moteurs thermiques…) dont certaines auront été boostées par les conflits majeurs qu’a connus le XXème siècle…

1980%:代わりに2005と96の間、世界の化石燃料の!
(ソース/ DOE-USA)



世界の一次エネルギー消費量

ウッドカウントされない(全体の約10%)
* tep signifie « tonne équivalent-pétrole » d’énergie dite « primaire »
NB:化石燃料の値は%を四捨五入しているため、合計が厳密に100%ではありません。

これらのパーセンテージのエネルギーの大きさを評価するの終わりには、(木材を除く)世界の総エネルギー消費量は年10にギガトン石油換算(Gtoeを)2000と推定されたことに注意してください。

しかし、この記事の最初の目的は、成長(GDP)、エネルギー消費量(したがって、基本的に化石エネルギー)と温室効果ガス(GHG)の排出それとの間のほぼ完全な相関関係を強調することです今後数年間のため、いくつかの教育を導き出すために...(OECD加盟国のために少なくとも)次の図を示しています。

また、この図に3のオイルショック(1973、1979、2000)の結果として、3つの指標の一時的な減少を識別することができます...

最後に、我々はまた、温室効果ガスの排出量は(CO0,5は、水は、N2xは、メタンが...)0ポイント上昇しながら、経済成長の余分なポイントのために、それは、一次エネルギーに加えて、0,3点について消費することに留意することができます。

OECDのための一次エネルギー消費量とGDP

1970と2001の間(100 1970ベース)

*温室効果ガス:二酸化炭素(プリンシパル)、メタン、水、オゾン、窒素酸化物、フッ素化ガス...
(出典BPエネルギー統計レビュー、OECD GDP)

相関関係を評価することを望む読者のために、彼らはちょうど延期、2軸 - 例えばのGDPのx軸と温室効果ガスには、エネルギーが消費され、各年の秩序ある、の三点でほぼ完全にアラインされた点の2セットを参照するには(あるいは、この目的のためのスケールが選択される場合、単一の行)。

これらの相関が観察されているので、ちょうどすべてのことを知るために、これらのデータの1の進化に焦点を当てます。 だから我々は我々だけ長い期間の温室効果ガスによる大気の内容の変更またはより正確かつ利便以下の経験した異常な経済発展の暗い側面に焦点を当てることを選択しましたその大気CO2、温室効果ガスの通常の指標(唯一のCO2が人間の活動に起因する温室効果の%に責任55 60%であると推定されている)の計量...

下の図は明らかに50年の終わりに指数関数的成長のペースで線形成長からの移行を示しているが!

コアリングにより2以来進化CO1850雰囲気

Une anecdote pour dire que les années 80 devaient nous donner l’occasion de conférences sur les techniques d’utilisation des hydrocarbures les plus performantes mais aussi sur le « devenir du secteur pétrolier » devant un public anxieux de la ressource après les deux premiers « chocs »… tenant des propos jugés « incongrus » par la plupart des auditeurs lorsque nous soulignions que la crise de la ressource pétrolière serait devancée par la crise environnementale provoquée par l’utilisation intensive des combustibles fossiles ( il suffisait de comparer la dynamique d’évolution des émissions de CO2 avec ce qu’elles étaient au moment où la teneur atmosphérique pouvait être considérée comme stabilisée… pour avoir une idée de ce qu’il allait advenir !)…Mais l‘attention de l’auditoire était le plus souvent ailleurs!

- 学び、フォーラムで議論します: エネルギーとGDPの合成
- 読みます 2部分:世界のエネルギー源


Facebookのコメント

「成長、GDPとエネルギー消費量」に1コメント

  1. インフォ作者レミGuillet ...(01 06 16)

    On pourra aussi lire l’article universitaire de Rémi Guillet « Energy and economical growth: overview and global challenges » paru dans le n° 10 d’octobre 2010, vol.9 du « Environmental Engineering and Management Journal » p. 1357-1362

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *