環境汚染のない経済成長?

豊かな国が汚染したのと同じくらい、発展途上国を汚染させることはできますか?

75月初旬にインドネシアの首都の500%を襲った大雨に部分的に巻き込まれる前に、ジャカルタはすでに悪いニュースのシェアを持っていました。 そのうちの000つは、大気汚染に関係しているため、洪水はほとんど羨ましいものになります。アジア開発銀行(ADB)の調査によると、アジアの主要都市の大気汚染が原因です。年、9万人の早死。 その無秩序な都市化、その12万からXNUMX万人の住民、そしてその永遠の交通渋滞で、ジャカルタは直接懸念しています。

1940年には、世界で唯一のメガロポリス、ニューヨークがありました。 今日、14万人以上の住民がいる上位17都市のうち8都市が発展途上国にあります。 これらの数千万人の個人は、巨大な都市の一方の端からもう一方の端まで毎日移動する必要があります。 彼らはますます多くなるでしょう:インドでは、300億人のインド人が今後2006年以内に都市のために地方を離れると予測する専門家もいます。 「人口、都市化、モーター化、エネルギー消費の観点から見たアジアの成長は、大気汚染との闘いにとって依然として根本的な課題である」と、XNUMX年XNUMX月にADBは強調した。

また読みます:  バイオ燃料:トウモロコシエンジンで

議論 レ forums

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *