イランの危機:権力の分岐

国連安全保障評議会の常任理事国は、イランのウラン濃縮宣言を非難しているが、イスラム共和国に向けて取られるアプローチについてはまだ合意に達していない。

18人の常任理事会メンバー(中国、米国、フランス、イギリス、ロシア)とドイツは、すでに予定されていた会議で、XNUMX月XNUMX日にモスクワでこの問題について話し合うことを決定しました。 。

米国は、コンドリーザライス国務長官を通じて、安全保障評議会がイランに対して「強力な行動」をとる時が来たと信じています。 ホワイトハウスのスポークスマン、スコット・マクレラン氏は、制裁措置は「確か​​に可能な選択肢」であると述べた。

続きを読みます

イランの危機に関する書類を読む

また読みます:  石油が上がる、ガスレベルの記録!

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *