銀行業と金融危機:GérardMermet著 『Le Monde』誌の中のエコロジー

有名な社会学者ジェラルド・メルメットは、数日前に新聞Le Mondeで私たちの社会、特にフランスについて非常に鋭い記事を発表しました。

(純粋に消費と「成長」に基づく)現在の開発モードの代替としての「経済学」という用語が言及されています。 私たちの知る限り、これはLe Mondeのような大規模な新聞の最初の記事です。

この記事の概要は次のとおりです。

「金融バブルが爆発し、貧困、飢hung、不平等が世界に広がりつつあります。後者は、惑星が劣化していること、資源が限られていること、生物種の生存はないことを認識した瞬間です。より確実です。 私たちのものを含む。 しかし、この前例のない困難、制約、脅威の組み合わせは、世界を変革し、より良く生きる歴史的な機会を表しています。 フランスは、望むなら、この戦いの最前線に立つことができます。 "

また読みます: FrançoisLoos:115km / hではなく130に乗る

ジェラルド・メルメット
世界の政治的影響力と古典主義を知っている記事の「トーン」に驚くことでしょう(明らかに良い意味で)。

「私たちがXNUMX年間生きてきた消費社会のモデルを再発明する絶好の機会はありませんでした。消費社会の恩恵を受けた人々をますます満足させていません。 実際、支出レベルと満足度の間にはかなり弱い相関関係があります。

消費は、増大する実存的空隙を埋める手段である慰めを探すことに似ています。 キーを使うと、環境への意識が高まり、多くのフラストレーションと少しの罪悪感が増します。 "

を読むMonde.frの記事

上の議論 forums: 銀行と金融の危機に長生きする?

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *