税額控除:ヒートポンプ、太陽光再生可能エネルギー、木材


この記事を友達とシェア:

国家補助と公共補助金:再生可能エネルギー源からの熱生産機器の購入のためのフランスの税額控除(太陽、木材、バイオマス)、コージェネレーション、地熱(ポンプ熱)。

a)は、その目的は、熱の生産であるヒートポンプを。

a)は、地熱ヒートポンプや熱が空気/水ポンプ COP> = 3,3 12月12 2005と13 2007 11月の政令に従ってインチ
b)の熱は、空気/空気ポンプ COP> = 3,3 12月12 2005と13 2007 11月の政令の規定に基づく適格。

b)は加熱および/または太陽熱温水器。

太陽エネルギーとソーラーコレクター装備を使用して、暖房機器やサプライお湯。

条件:給湯器と太陽熱ソーラーコレクターに会います 認証やソーラーKeymarkの認証または同等CSTBat。

c)の太陽光発電。

太陽エネルギーからの電力供給システム:太陽光発電。

条件:満たします EN 61215
またはNF EN 61646
.

d)のストーブや暖炉や木質バイオマス。

木材や他のバイオマス上で実行されている暖房機器や温水生産。

- ストーブ:NF EN 13240または35376 D NFまたはNF EN 14785または15250
- クローズド暖炉、室内の暖炉の挿入:NF EN 13229または35376 NF D
- 加熱モードとして使用するストーブ:NF EN 12815または32301 NF D

調子: エネルギー効率> = 70%および一酸化炭素の濃度=。

e)の木材やバイオマスボイラー。

以外のボイラー このページに記載凝縮するボイラーまたは低温 どの 火力発電は300キロワット未満であります 含みます:



手動ロード機器の性能> = 70の%、DIN ENまたはEN 303.5 12809
セルフローディング機器のパフォーマンスは> = 75%、DIN ENまたはEN 303.5 12809

税額控除額

a)すべてのこれらの生産設備は、その本来の目的熱の生産で、再生可能エネルギーや熱ポンプを製造するために 税額控除率は1月40に%を50erする1 2006の%から増加しました。

b) 1月1er 2006と31 2009 12月の間に発生した支出については、 税額控除の率は50%です。 例えば、2007で支払わ費は2007のための税務申告時に宣言されます。 それは2008に、それはこれらの費用を報告しますです。

特に地域暖房やコージェネレーションへの特定の接続のために

ネットワークは、主に再生可能エネルギーによって、あるいはコージェネレーションの技術を使用して、強力な加熱方式のいずれかによって電力を供給されたときに加熱ネットワークに機器を接続するコスト。

いくつかの熱ネットワークに機器を接続するため、税額控除率は25%です。

費用は1月1er 2006と31 2009 12月の間に支払われている必要があります。 例えば、2007で支払わ費は2007のための税務申告時に宣言されます。 それは2008に、それはこれらの費用を報告しますです。

税額控除については、こちらをご覧ください: 省エネ機器のための税額控除.


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *