廃棄物管理コストが2倍になりました

環境エネルギー管理庁(ADEME)によると、都市廃棄物(家庭廃棄物、下水汚泥、剪定廃棄物)の管理コストは世界で130倍になりました。年。 財政支援を差し引く前は、220トンあたり40から95ユーロ、または住民XNUMX人あたり年間XNUMXからXNUMXユーロまで変動します。 しかし、この数字は今後数年間でそれほど急激に増加することはないはずだとADEMEは信じています。

ソース: ADEME

エコノロジーノート:廃棄物の量が増加するのが「正常」である場合、特定のコストも増加するのは奇妙です。
確かに、浄化ステーション、選別センター、または焼却プラントにもたらされた技術的および組織的な近代化は、これらのコストを削減する傾向があります...
場合を除き:
-投資コストが正確に考慮されます(したがって、遅かれ早かれ減価償却が行われるため、計算が歪められます!)
-これは、廃棄物の選別にかかる「過剰な」コストを反映しています。 この場合、介入する必要があるのはソース(パッケージング)です...補助金で生活することは長期的には合理的ですか?

また読みます:  環境責任への道の銀行?

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *