オゾン層被害者太陽嵐2003


この記事を友達とシェア:

上層大気中の窒素酸化物(NOx)の濃度は、いくつかのケースで2004%を超える成層圏オゾン層の減少を引き起こし、春に1985、60以来の最高水準に達しています。 JPL、NOAA、天体物理学ハーバード・スミソニアンセンター、NASA、ハンプトン大学と様々なヨーロッパ研究所(ノルウェー、スウェーデン)とカナダでコーラコロラド大学ボルダー校のランドール、と同僚北極やヨーロッパ、アジア、北アメリカの北部地域にわたって観察この現象の説明を、見つけるために7衛星からのデータを検討しました。 地球物理学文学レビュー、過剰NO NO2003とガスの形成につながった2エンド太陽嵐の間に地球を襲った高エネルギー粒子の大量に出版され、その結果は、におけるその役割のために知られています成層圏オゾンの破壊。 また、毎年北極の風を隔離極渦は、2月とオゾン層中の窒素酸化物のより長い滞留時間を好ま月2004、に特に強いてきました。 オゾン損失は冬と春のクラシックなものですが、それは非常に重要な2004の低下のレベルは、驚いた理由であるトレンド不況、数十年が付属しています。 それは、自然や人為的な原因を分析する研究者のための難しさを示しています。 (北極オゾン損失は、研究者の懸念します)

ソース: http://www.agu.org/pubs/crossref/2005/2004GL022003.shtml


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *