世界のエネルギー消費量


この記事を友達とシェア:

産業時代の始まりと人類が使用するエネルギーの異なるソース以来の進化、世界の一次エネルギー消費量は何ですか?

これらの質問に対する答えは、下記のグラフで3(拡大するには画像をクリックして)、次のとおりです。

19ieme世紀以来の人類のエネルギー消費量の変化
何百万トンもの石油換算での「商業的」エネルギー消費の進化。 出典:Schilling&Al。1977、 IEA et ジャンマルクJancovici 注:1 11 700トー=キロワット時。

所見との観測

  • 2004では、世界の消費量は石油換算約10 000万トンが117 000一次エネルギーの億kWhでありました。
  • 年にわたって平滑化し、すべてのこの組み合わせのエネルギー消費量は、瞬時電力13,34億キロワットを表し、
  • この量は、(いずれかが電気であることだった場合)、13 / 340通年フルパワーで動作1 24 24GW原子炉と同等です。 アイデアを持っているために、全世界で約500原子炉(一次エネルギーの4%)は、現在存在します。
  • 世界の人口にもたらし(6億に基づいて)この消費量は表しています人当たり2,23キロワットを。
  • (1億に基づいて)地球の人口に持ち帰った「リッチ」は、この消費量は表し:13,34キロワットを。 豊かな国のすべての人は、したがって、今年中に消費2004 13,34キロワットの(核と水力を除くが、温室効果や資源の枯渇に非常に現実的、)「仮想」ボイラーの同等すべての年24 / 24を実行し、時間あたりの石油換算1,36Lを消費します
  • すべてのこのエネルギーは、遅かれ早かれ(独立GHGによって作成された温室効果の)熱として完成し、大気中にrejettéeされ、気温の上昇に貢献します
  • エネルギー消費量は着実に(指数?)2000(つまり昨日)と2004の間に、消費量が増加している10%と増加しています!
  • 他に代わるものではありません新しいソース:石炭の消費量は年6 2000に比べ1900の倍であります...
  • 異なる曲線の表面(統合が)絶対エネルギー消費のアイデアを持つことができるように、我々は間1980と2004 1860と1980の間にできるだけ多くの油について消費しました。
  • エネルギー消費量は、地球の人口(と豊かな国のGDPに)に直接関係している、下記のリンクを参照してください。
  • 水力限りのための原子力アカウント2004
  • 水力を除く再生可能エネルギー、されている(まだ)重要な
  • 非商業エネルギーは、このグラフに示されていない(木材を直接消費)

これらのページの由来は forum 話し合い エネルギーの詳細および提案する質問/回答.

詳細:
消費のSénarii可能性の進化、人口曲線と濃度との和解CO2
IEAの出版物

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *