世界のエネルギー消費

一次エネルギーの世界的な消費、産業時代の始まり以来のその進化、そして人類が使用するさまざまなエネルギー源は何ですか?

これらの3つの質問に対する回答は、下の図にあります(画像をクリックすると拡大します)。

19ieme世紀以来の人類のエネルギー消費量の変化
数百万トンの石油換算での「商用」エネルギー消費の進化。 出典:Schilling&Al。1977、 IEA et ジャンマルクJancovici 注:1 11 700トー=キロワット時。

所見との観測

  • 2004年の世界の消費量は、石油換算で約10百万トン、つまり一次エネルギーで000億kwhでした。
  • 年にわたって平滑化し、すべてのこの組み合わせのエネルギー消費量は、瞬時電力13,34億キロワットを表し、
  • このサイズは、13時間年中無休でフルパワーで動作する340個の1GW原子炉に相当します(すべてが電気である場合)。 考えてみると、現在、世界には約24の原子炉があります(一次エネルギーの24%)。
  • 世界の人口にもたらし(6億に基づいて)この消費量は表しています人当たり2,23キロワットを。
  • 「豊富な」陸域人口(1億に基づく)に減らすと、この消費量は13,34kWに相当します。 したがって、豊かな国の各人間は、2004年に、13,34の「仮想」ボイラー(ただし、温室効果と核および水力発電を除く資源の枯渇については非常に現実的)に相当するものを消費しました。 24 kWは24時間年中無休で稼働し、1,36時間あたりXNUMXLのオイル相当量を消費します
  • このすべてのエネルギーは遅かれ早かれ熱の形で終わり、大気中に放出され、したがって温度の上昇に寄与します(GHGによって作成された温室効果とは無関係に)
  • エネルギー消費量は絶えず増加しています(指数関数的に?):2000年(つまり昨日)から2004年の間に、消費量は10%増加しました!
  • 新しいソースが別のソースに取って代わることはありません。6年の石炭の消費量は2000年の1900倍です...
  • さまざまな曲線の表面(積分)は絶対的なエネルギー消費量のアイデアを与えるので、1980年から2004年の間に1860年から1980年の間にほぼ同じ量の油を消費しました。
  • エネルギー消費は、地球の人口(および豊かな国のGDP)に直接関連しています。以下のリンクを参照してください。
  • 原子力発電は2004年の水力発電と同じくらい
  • 水力を除く再生可能エネルギー、されている(まだ)重要な
  • 非商用エネルギーはこのグラフには表示されません(木材は直接消費されます)

これらのページの由来は forum 話し合い 詳細を学び、エネルギーに関する質問/回答を提供する.

詳細:
セナリイ消費の進化の可能性、人口曲線およびCO2濃度との比較
IEAの出版物

また読みます:  金融詐欺、仮想通貨およびインフレ

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *