エネルギープラントを燃やすことわらからです

この記事を友達とシェア:

発電所での優先研究プログラム内
わらから燃料、材料のための専門機関
再生可能な生(FNR - Fachagentur Nachwachsende Rohstoffe eVのような)
エネルギー利得に彼らの最初の研究プロジェクトをサブミット
施設の下で穀物やわらから達成可能
中小電力(1 MWまで)。
穀物、わらや他のエネルギープラントは、より多くを表します
ドイツの半分のバイオエネルギーポテンシャル以上です。 生産のために
固体のベースを熱し、しかし、それは常に木であります
これは優勢です。 エネルギー作物の使用はまだ提示します
技術的な障壁とかなりの権威。
従ってFNR、消費者行政省の提案は、提示します
手続きの簡素化を鼓舞すべきである9プロジェクト
小さな加熱装置のための許可が基づいています
穀物。
5つのプロジェクトは、燃焼との放出過程にかかわります
わらから燃料。 そして、4産業界のパートナー
プロジェクトに関わる研究機関:工学の研究所
プロセスやシュトゥットガルト大学のコア技術
(IVD)、ブランズウィックの木材研究のためのフラウンホーファー研究所(WKI)
ビンゲンの優れた技術学校そしてハンブルク工科大学
(TU)。
その他のプロジェクトは、小型の長期挙動を含みます
確認するために市場に既に存在している暖房システム
その市場の承認。 テストの長い期間は、メネスになります
4機関:ケルンの優れた技術学校、
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州のDEULA、研究、コンサルティングの中心について
エネルギーシステムとメルゼブルク機(FBZ)と研究所
また、コーディネーターであるチューリンゲン農業(TLL)Dornburg
プロジェクト。
プロジェクトの結果は、遅くとも2年以内に期待されていません
法律のかなりの簡素化のための基礎であるべきです
認可小さな加熱装置穀物のものであり、
そして、植物のより一層の活用への扉を開きます
エネルギー。

コンタクト:
- 博士トルステン・ガブリエル - TEL:+ 49(0)3843 6930 117、ファックス:+ 49(0)3843 6930
102 - Eメール:info@fnr.dewww.fnr.de
- http://www.bio-energie.de
ソース:デペッシュ・IDW、FNR、19 / 10 / 2004のプレスリリース
編集者:ニコラスCondette、nicolas.condette@diplomatie.gouv.fr

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *