CO2 Solidaire

GHG排出量を相殺する「CO2solidaire」

輸送(飛行機、車、または家事)によって発生する温室効果ガスの排出量を、南の国々の開発プログラムへの寄付に変換すること。これは、サイトCO2solidaire.orgによって提案されたアイデアです。 環境への影響を測定する方法を学習するために設計された、個人および企業向けの意識向上およびエンパワーメントプロジェクト。

ローマからダブリンへの復路で15ユーロ、ディーゼル車でパリからマルセイユへの往復で1ユーロ、飛行機で6ユーロ…これは新しい輸送税ではなく、財務上の見積もりですこれらの各トリップによるCO2排出の「コスト」。

2004年2月以来、COXNUMXsolidaire.orgサイトは、開発途上国の開発プロジェクトに資金を提供することにより、輸送または国内活動による影響に対する自発的な補償を提供しています。 平均推定値は、Climate Action Network Franceによって提供されます。 これらの金額は、サイトの創設者に説明されています。「人間開発の観点から環境コストと重みを統合します。これにより、南部諸国における協力と連帯の行動を支援し、地元住民の日常生活を改善し、環境。 このアイデアは、京都議定書(航空輸送は除外されています!)の勧告から着想を得ています。京都議定書は、先進国がガス削減プロジェクトに投資することを奨励するクリーン開発メカニズム(CDM)を推奨しています。発展途上国における温室効果(プロトコルの署名者ではない)。

また読みます: 京都議定書

南が北の過ちを繰り返さないように助けてください

このサイトの起点は、企業だけでなく個人も対象としているGERES(再生可能エネルギー、環境、連帯グループ)であり、25年間、経済および地域開発の関係者とともにイニシアチブに参加しています。環境、エネルギー、食品産業の分野で。 CO2solidaire.orgの支援を受けたプロジェクトは、カンボジアの木材の省エネ、モロッコのエネルギー管理、太陽エネルギーの使用によるラダック(ヒマラヤ)の農村開発、アフガニスタンのパッシブソーラー建築など、以前から存在していました。 彼らにとって、この新しい資金源を提案することは論理的に思えた。 「よりクリーンな」開発モデルを支持したい」とサリマ・バディは説明します。そのため、彼らの日常の行動の影響の価値を教えることで、北朝鮮の住民の主題に対する認識を高めることは興味深いものでした。 さらに、持続可能な開発の支持者が絶えず実証しているように、南の国々がより環境に優しい開発モードを選択した場合、地球全体に利益がもたらされます。

また読みます: 海洋と気候

罪悪感なく力を与える

このサイトは多くの情報を提供し、環境への影響を軽減する意識を高めるために、罪悪感なしにエンパワーメントと連帯を提供しています。 サイトでの例:「距離4200 kmのパリ-アテネの往復は、0,67人あたり2トンのCO17の排出に相当すると推定できます。 この旅の補償額は17ユーロです。 カンボジアでは、4ユーロが2,66つの改良されたストーブのコストであり、その操作により毎年3,78トンの木材と2トンのCOXNUMXが節約されます。 "
ローンチからXNUMXか月後、これらのプロジェクトに貢献したのはわずかXNUMX人で、これはXNUMXつのツアーオペレーター企業によってサポートされています。 しかし、サイト管理者は、これらのタイプのプラクティスをインストールするのに時間がかかることを知っています。 他の国でも同様の取り組みが開始され、非常に成功しています。 これは、英国では気候管理、スイスではMyclimate、ドイツではAtmosfairです。

また読みます: インフレの仕組み2

サイトをご覧ください www.co2solidaire.org

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *