中国はさらにエネルギーを節約します。


この記事を友達とシェア:

現在の中国経済では、エネルギー消費量の増加は、依然としてGDPよりも高いです。 この点で、中国政府はさらにエネルギーを節約するためにステップを取ることにしました。

発展改革の国家委員会の関係者は25 7月には北京で、多くのエネルギーを消費する産業部門は、産業用ファブリックの大部分を占めると述べました。 その施設は、そうでなければ、高度な、よりエネルギー効率の高い技術を欠いています。 これらの要因は、特に西に、いくつかの中国の領域におけるGDPの単位当たりのエネルギー消費量の非常に高いレベルにつながっています。 彼は当局が、全体としては、特にあまりにも高度に汚染やエネルギー集約型の企業を排除することで、工業用織物、全体的に、低エネルギー消費の出現を奨励しなければならないと述べました。 これは、規制や合理化活動を向上させながら、エネルギーを節約するために技術を深め、多くのエネルギーを使用する新しいプログラムを実装するときにタイトなコントロールを確保することでもあります産業、環境を保護するためのもの。

エネルギー不足は、中国の経済と社会の発展の弱点となっています。 同時に、エネルギー効率が比較的低いです。 中国政府は20によってGDP単位当たりのエネルギー消費量に2010%を削減するという目標を設定しました。


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *