中国はもっとエネルギーを節約するでしょう。

現在の中国経済では、エネルギー消費の成長はGDPの成長よりも高いままです。 この点で、中国政府はエネルギーをさらに節約するための措置を講じることを決定しました。

国家発展改革委員会の当局者は25月XNUMX日に北京で、大量のエネルギーを消費する産業部門が産業構造の大部分を占めていると述べた。 また、それらの機器には、エネルギー消費量の少ない高度な技術がありません。 これらの要因はすべて、特定の中国地域、特に西部のGDPあたりのエネルギー消費量が非常に高いレベルに達している。 彼は、当局は全体として、特に汚染度が高くエネルギー集約型の企業を排除することにより、全体としてエネルギーをほとんど消費しない工業用ファブリックの出現を促進しなければならないと述べた。 また、エネルギーを節約するための技術の開発、大量のエネルギーを消費する新しいプログラムを実装する際の厳格な制御を確保しながら、規制を完成させ、活動を合理化します。環境を保護します。

エネルギー不足は、中国の経済的および社会的発展の弱点となっています。 同時に、エネルギー効率は比較的低いままです。 中国政府は、20年までにエネルギー消費をGDPあたり2010%削減するという目標を設定しています。

また読みます: バイオ燃料:トウモロコシエンジンで

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *