風力エネルギー生産のリーダー、中国

中国はまもなく風力発電の主要な生産国になるでしょう。 Hebei県のGuangtingに新しい風力発電所が建設されました。 2007年に稼働を開始したこのプラントは、最大400 MWの容量を生成でき、Pekin-Tianjin-Tangshanゾーンの電力需要の8%を供給し、中国の風力発電の現在の生産量をXNUMX倍にします。

 

今年、世界風力エネルギー会議(WWEC)とアジア風力エネルギー会議は、31月3日からXNUMX月XNUMX日まで北京で開催された単一のイベントに統合されました。

出典:北京情報センター

 

また読みます:  飲料水の消費量を追跡し、請求額を引き下げます

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *