シボレー·タホ


この記事を友達とシェア:

今晩はàTOUS、

私が言ったようにまあ、私はあなたが私の仕事の通知を維持するために、このポストで来ます。

したがって、私は、私はここ(アンドレが私に警告)容易ではないだろうことを事前に知っているが、私は感じています。

J’ai commencé à fabriquer un bulleur,(je reste simple, car pour moi les petits carbus ou les aéros, c’est un peu compliqué) en inox, dans un tube de 160 mm de diamètre, avec un « chapeau conique » sur le dessus et déflecteur anti-remontée d’eau à l’intérieur. J’ai soudé l’ensemble à la brasure d’argent (je n’ai rien d’autre) et apparemment çà tient et c’est hermétique.
私は、バブリングのための小さな穴と、ASPIの銅管32のミリメートルの直径を入れ、ブレーキスイッチとワッシャを使用してこのバブラ養うつもり(古典的な権利を?)。 それはバブラーのために、基本的です。
反応器に、私は思う元の直径を残す2(各出力EXHで1)を置きます。 私は部品を見つけた場所がまっすぐであるように、私は反対に、入力および出力のために角度のついたインストールと思うので、曲がりを避けます。 斜めに重要またはないという場合、私は知らないのですか? 誰も私を伝えることができます。 私は、エスケープチューブに溶接やMIGお金を原子炉を溶接するつもり? あなたは何と言いますか?

すでにLPGのために使用されるベンチュリは、我々が表示されます直前に入場を経由して原子炉を介してバブラー間ASPIのために、私は、このモデルにそこに存在している場合、私はまだ見つかっていない... EGRバルブを取り付けます私はそれが1999ではないと思います。
写真については、私がしようとするだろうが、私は何のコンピュータ午前ないので、それは、勝っていません。
Nofy(夢)


続きを読みます: 対応する編集ページにアクセスするには、ここをクリックしてください

他の器具やエンジンマウント実験パントン

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *