CO2排出のない石炭ガス化および石灰プラント?

シュトゥットガルト大学の科学者は、ヨーロッパの研究および業界パートナーと協力して、ほとんど排出物のない発電所の革新的なコンセプトを開発しています。

エネルギー技術の分野で長い経験を持つシュトゥットガルト大学のプロセス工学および植物技術研究所(IVD-Institut fur Verfahrenstechnik und Dampfkesselwesen)は、1,9の調整に資金提供されたプロジェクトを調整しています。欧州連合によるXNUMX万ユーロ。 このプロジェクトでは、安価なエネルギー担体であり、ヨーロッパに大量に存在するリグナイトを使用します。

木炭を単に燃やす代わりに、それは水蒸気に加えられた燃やされた石灰で炭酸化されます。 したがって、石灰は形成されたCO2を吸収し、石灰石に変換されます。 使用する石灰の量に応じて、生成されるガスには炭素がほとんどまたはまったく含まれておらず、最適な投与量では、水素のみを生成することができます。

また読みます:  法廷でのエマニュエル・ジボロ:農薬汚染の義務?

これは、ガスタービンまたは蒸気タービンを備えた発電所で使用して、排出物を汚染することなく電気を生成できます(水素の燃焼は水のみを生成します)。 生成された石灰石は、それ自体が2番目の反応器で燃焼され、最初の反応器で燃焼石灰として再石灰化されてCOXNUMXが抽出されます。

ドイツ側では、プロジェクトの参加者は、シンデルフィンゲンのIVE Weimer社(Weimer氏が技術の創始者です)、Stuttgartの水素および太陽エネルギーの研究センターです。鉱業産業VattenfallEurope Miningおよびコットバス大学(ブランデンブルク)。 合計で、ヨーロッパの13か国から7のパートナーがプロジェクトに参加しています。

連絡先:Dr.-Ing Roland Berger、Institut fur Verfahrenstechnik und Dampfkesselwesen der Universitat Stuttgart、Pfaffenwaldring 23-70569Stuttgart。
Tel:+49(0)711 685-Fax:+3492(49)0 711、Eメール:berger@ivd.uni-stuttgart.de

http://www.eu-projects.de
http://www.ivd.uni-stuttgart.de

出典:Depeche IDW、University of Stuttgart Press Release、

また読みます:  今夜のアルテ:チェルノブイリ、20年後

編集者:ニコラス・コンデット

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *