ビーバーがCO2を飲み込む:温室効果ガスに対する新しい致命的な武器?


この記事を友達とシェア:

昨日、デンマークでは、石炭火力発電所の煙霧から二酸化炭素を除去する世界初の施設が立ち上げられました。 おそらく、温室効果ガスとの戦いにおける重要な前進です。

デンマークの15 Marchで、正確にはEsbjerg工場の敷地で起こった。 このイベントは、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出を大幅に削減するための解決策を提案するため、重要です。 昨日発足した「CO2の捕獲」として知られる産業パイロットであるCastorは、IFP(フランス石油協会)と欧州委員会の支援の下で実施され、二酸化炭素を捕獲する最初の施設に過ぎません。火力発電所の煙でさえ、地下に保管します。

目的:ヨーロッパで生産されたCO10の2%を埋めること

セメント工場、発電所、精製所などの産業施設によって生成されるCO2の量を制限するにはどうすればよいですか? これらは、世界の温室効果ガス排出量の60%以上を占めています。 長い間、ベンチでのアイデアは、ガスが発生する場所、つまり、問題のある工場で直接ガスを回収し、それが発生する前に地下に再注入することです。大気中に拡散した。 これは、いわゆる「地質学的捕獲と貯蔵」ルートです。IFPによれば「最も有望な」ルートです。

しかし、紙上でそれが単純な場合、実際には、特にコストの問題を抱えて実行されますが、これはCastorが解決するようです。 2004で開始されたこのプログラムは、IFMによって調整された30のパートナーを集めて、2008テクノロジーによる設計を行い、ヨーロッパで排出されるCO10の2%、大規模な設備からの排出の30%工業用。



続きを読みます

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *