カーボン科学によってCO2の燃料生体触媒


この記事を友達とシェア:

すぐにCO2生体触媒とリサイクル燃料?

アメリカの小さな会社がガソリンにそれを回すために彼の賭けに成功した場合、長い地球温暖化の主犯として同定された二酸化炭素は、新たな美徳を作ることができます。

金にリードを回すために、よりであることを除いて一見、同社は、中世の錬金術師ニコラ・フラメルほど狂っようだが、クリーンエネルギーへの汚染物質。

オバマ政権は、気候変動とクリーンエネルギーのための検索の優先順位との戦いをしたが、同社は彼の発見を特許取得済みのカーボン科学は、サーフィンが政治とのための意見動員を期待していますこの課題を満たすために最初にすること。

サンタバーバラ、カリフォルニア州にあるこの小さな会社が、最後2010でバイオ燃料の新しい世代の生産を開始できた運用レベルでの最初のパイロットプラントを建設していく所存です。

そのCOOバイロンエルトンは彼がプロジェクトを起動するためのパートナーを探して、それが残っていることを説明しました。

« Notre partenaire peut être quiconque qui produit beaucoup de CO2: une centrale à charbon, une cimenterie, une raffinerie… » a-t-il dit lors d’une rencontre à New York.

Si un partenariat était scellé dans les neuf mois, ce nouveau type de biocarburant pourrait commencer à être produit dès la fin 2010, affirme M. Elton, tout en reconnaissant que l’échéancier « pourrait être un peu ambitieux ». La technologie développée par carbon Sciences recourt à des micro-organismes, qu’elle appelle « bio-catalyseurs ». (econologie.com注:このマイクロ藻類は、でしょう?)

Dans un premier temps il faut « déstabiliser » le dioxyde de carbone en le mélageant avec de l’eau. Puis les micro-organismes, protégés par des coquilles de polymère spécialement mises au point, se chargent de recomposer hydrogène et carbone pour produire des hydrocarbures.

Le mécanisme est le même que celui mis en oeuvre dans la nature, lors de la genèse des hydrocarbures. Mais dans le procédé de Carbon Sciences, « les biocatalyseurs sont protégés et réutilisés, si bien que l’essence peut être produite avec un prix de revient « très, très compétitif ».



他の会社は、このフィールドにあり

カーボン科学のみ8人を採用する企業は、この研究で最も先進的であることを主張するが、それはこのトラックを探索だけではありません。

L’investisseur-chercheur Craig Venter, dont l’équipe avait été la première à annoncer avoir réussi à décoder le génome humain en 2000, avait annoncé dès février 2008 qu’il pensait réussir en l’espace de 18 mois à produire du biocarburant « de quatrième génération », c’est-à-dire non pas sur une base agricole comme l’éthanol, mais à base de dioxyde de carbone.

今日J.クレイグ・ベンター研究所は特にCO2炭化水素を分解して再構成するための高度な藻類を使用して誇っています。

これらの取り組みは、米政府当局者の間で大きな関心が持たれています。 彼らは国が莫大な二酸化炭素を放出する、石炭火力発電所からの電力の半分を導出することを米国で特に人気があり、生態系のコストは、次のような非難されています。

« La question n’est pas de savoir si nous utilisons le charbon, mais comment nous l’utilisons », a déclaré au début du mois l’influent sénateur démocrate Byron Dorgan.

彼は3,4億今年初めに渡された景気刺激策で、この目的のために予算をしていたと述べました。 徹底的バイロンエルトンに応じて、楽しんでいまし炭素科学マンナ。

ソース: TSR.ch

詳細:
燃料CO2をリサイクルし、それは可能ですか?
カーボン科学サイト


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *