炭素奨学金


この記事を友達とシェア:

二酸化炭素はトンから販売されている場合には

今年の終わりになる前に、EU企業は、新しい炭素交換である欧州気候取引所との「汚染の権利」を交渉することができます。

Si les forces du marché et l’environnement font rarement bon ménage, un nouveau projet, dévoilé le 7 septembre, va peut-être les réconcilier. Le European Climate Exchange (ECX), filiale du Chicago Climate Exchange (CCX), qui a passé un accord de coopération avec l’International Petroleum Exchange (IPE) de Londres, permettra aux entreprises européennes de négocier des crédits d’émission de gaz à effet de serre. Cette nouvelle Bourse a vu le jour sous la pression de la réglementation. Car, en janvier prochain, l’Union européenne appliquera de nouvelles règles destinées à réduire les émissions de dioxyde de carbone, l’une des causes du réchauffement de la planète. Les entreprises des vingt-cinq Etats membres auront l’autorisation d’en émettre une certaine quantité. En cas de dépassement, elles auront la possibilité d’acheter des crédits à des firmes qui n’auront pas atteint leurs quotas. L’ECX prévoit de permettre d’ici à la fin de l’année la négociation de contrats à terme pour les crédits d’émission, les produits cash suivant peu après. Des mécanismes de ce genre existent déjà, sous une autre forme. Neuf maisons de courtage facilitent ainsi les opérations de gré à gré. L’une d’elles, Evolution Markets, estime que le volume échangé est passé de 25 000 tonnes de dioxyde de carbone en janvier à 600 000 en juillet. En outre, certaines entreprises négocient directement entre elles. Mais il faut replacer ces chiffres dans leur contexte : à elle seule, l’Allemagne produit par exemple plus de 800 millions de tonnes par an. « On commence tout juste à avoir un marché suffisamment liquide », commente Stian Reklev, de Point Carbon, une société d’analyse norvégienne.

先物市場は、初心者を混乱させる可能性

CCXは、昨年の操作を開始した米国は、遅れているように見えます。 (フォード、IBMおよびダウコーニングを含む)いくつかの名門企業の介入にもかかわらず、貿易量は、おそらく世界で温室効果ガスの四分の一を発する国のためにささやかなまま。 売り手は豊富であれば、取引の1 CO2トンはヨーロッパで1ドル[10のユーロ]に対して8,50ドルについても同様で、バイヤーは、非常に稀です。 これは、米国市場は、規制によって昇圧されたという事実を反映しています。 旧大陸とは異なり、気候変動に関する京都議定書を批准していない米国では、その排出量を制限するために、企業が必要としません。 それにもかかわらず、CCXは変化する状況に焦点を当てているようです。 実際には、国の北東部の9州はヨーロッパ人によって確立されたものに匹敵するキャップ・アンド・トレード[キャップ・アンド・トレード]と呼ばれる、閉じた市場システムに反映させます。 CCXはまた、酸性雨の原因となる二酸化硫黄排出権の取引の今後の開始を、発表しました。 しかし、今のところ、CCXは、その新しい欧州の子会社で大きな期待を持っています。 他の場所ECXとの取引量は、システムのブートから飛ぶ必要があります。 2007地平線では、M. Reklevは、排出権取引では10万人、今年に対し、65億ドルに達するだろうと述べました。 しかし、困難が予想されています。 実際、多くの参加者は、エネルギー企業がロンドンでIPEにヘッジ取引における長年の経験と他の交流を持っている場合、他の人がすることが困難であることが、この分野では初心者です先物取引に精通しています。 ECXはまた、厳しい競争にさらされます。 こうした進化市場などブローカーらは、すでに市場に出て、一緒にうまく自分の領土を守ります。 その他の奨学金も争いに投げることを計画します。 このように、ライプツィヒでの欧州エネルギー取引所は、電力に特化し、排出量CO2のための現物市場のヶ月以内に作成することを発表しました。 ノルドプール、北欧の電力市場、およびオーストリアのエネルギーの株価は同様のプロジェクトを持っています。 質問は皆のための余地があるかどうかです...


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *