エネルギー木材

木材エネルギー部門が復活

緊張したエネルギーの状況では、木材は再び流行になり、セクターは技術レベルで発展しています。 現在の課題は、需要を満たすために持続可能で十分な供給を確保するために資源を動員することです。

木材エネルギー部門は、コジェネレーションが発生した場合、木材のすべての使用をまとめて熱、電気、またはその両方を生成します。 バイオガスとバイオ燃料に加えて、木材エネルギー部門は、バイオマスの使用に基づく再生可能エネルギーに属します。 森林整備からの木材、森林産業からの廃棄物、そしてより少ない程度で廃棄物(建築廃棄物)からの木材の堆積物を使用します。

フランスでは、2004年に木材から生産されたエネルギーが9,4 Mtoeであり、再生可能エネルギー(電気と熱の組み合わせ)の生産の50%とフランスのエネルギー需要の4%を占めていました。 フランスは、主に79,5%(約7,4 Mtoe)を消費する家庭用暖房のおかげで、木材エネルギーの欧州有数の生産者としての地位を負っています。 実際、個々の住宅では、5万を超える世帯がwood暖房を備えています(インサートと密閉炉の45%、開放炉の27%、ストーブの13%、ストーブの9%、6個々のボイラーの%)。
産業部門の木材消費量は約1,6 Mtoe /年(または全体の18,2%)です。 それは主に、木材、紙、段ボール産業の結果であり、熱と電力のニーズをカバーするために独自の副産物(樹皮、おがくず、スクラップ)を使用しています。 特に一次および二次木材加工産業のおかげで、わずかに成長しています。 産業用woodボイラーの艦隊は、1000 GWの電力で2,5ユニットと推定されます。
農業における木材エネルギーの専門家による使用が主に温室の暖房のために安定したままであれば(0,5%)、集団および第三次セクターの評価は発展する傾向がありますが、現在は消費のわずか1,8%に過ぎません総木材エネルギー。 2000年以降、集合式のwoodボイラー船団は、平均で年間13%以上着実に成長しています。 2004年末には、641基の設置、つまり病院、学校、住宅に設置された430 MWの火力発電が含まれていました。 たとえば、セーヌ・エ・マルヌのナンギスでは、包装の仕分けを専門とするセンターの敷地がこの技術の恩恵を受ける一方、セーヌ・サン・ドニのオーベルヴィリエでは、fireボイラーが半分を提供します836の住居を持つXNUMXつの建物の複合体のエネルギー需要。

この比較的大規模だが慎重な使用にもかかわらず、木材エネルギー部門は最適化されておらず、フランスは依然として重要な木材の可能性を秘めています。 木材残渣の大部分はまだ回収されておらず、既存の設備は現在利用可能な技術と比較して最適に機能しません。 これが、ADEMEがエネルギー資源として木材をより効率的に使用することを奨励したかった理由です。 1994年に、この分野を支援するために、ADEMEによって管理され、13のフランス地域に関連するWood-energyと地域開発と呼ばれる最初の計画が開始されました。 2000年には、財源の増加に伴い、高効率の木材暖房器具への更新を加速し、設置ベースのサイズを拡大するために、1000回目のウッドエネルギープログラムが実施されました。 大きなセクションは、0,3基のボイラーを設置し、65 Mtoeを追加生産することを目的に、産業、集団、および三次部門での木材エネルギーの開発専用です。 税額控除のサポートにより、多くのプロジェクトが日の目を見ています。 したがって、ブザンソンでは、350戸の住宅の都市の熱需要の350%を満たし、約000ユーロの投資に相当するwoodボイラーは、ADEMEフランシュコンテおよびDoubsの一般評議会による20%。

また読みます: 圧縮流体貯蔵

続きを読みます

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *