BMWとTOTALが団結して水素を促進

自動車メーカーのBMWと石油会社のTOTALは、自動車のエネルギー源として水素を促進する契約を締結したばかりです。 両社の合意により、TOTALは2007年末までにヨーロッパにXNUMXつの水素分配ステーションを建設および管理し、水素を動力源とするBMWブランドの車両の市場投入をサポートすることが規定されています。

両社は、エネルギー源としての水素の実行可能性の本格的なテストにすでにベルリンで協力しているため、最初の試みではありません。 ドイツ連邦政府の支援の下でのクリーンエネルギーパートナーシップ(CEP)の一環として、TOTALは2006年2002月に、従来の燃料ポンプと並んで公共の水素供給ステーションをベルリンに開設しました。 このステーションは、XNUMX年にベルリンにすでに建設されたパイロットステーションをTOTALに置き換えます。

今年の終わりまでに、TOTALは、FIZ、BMW Research and InnovationCenterからそう遠くないミュンヘンのDetmoldstrasseに同じタイプの別の公共ステーションを開設します。 ヨーロッパのXNUMX番目の水素ステーションについては、その場所はまだ選択されていませんが、この決定は今後数週間以内に行われる必要があります。

また読みます:  バグニュースレター!


ソース

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *