バイオエタノール:フレックス燃料技術


この記事を友達とシェア:

Le « bi-combustible », : le Bresil défend le bioéthanol.

L’envolée des prix du baril de pétrole change le comportement des consommateurs brésiliens qui cherchent des alternatives à la voiture à essence et optent de plus en plus pour les véhicules « bi-combustible » (essence/alcool).

En septembre, une voiture sur trois commercialisées au Brésil (32%) était déjà bi-combustible ou « flex fuel », contre 4,3% seulement en 2002, a indiqué l’association des fabricants de voitures (Anfavea).

この新技術は、アルコール(エタノール、サトウキビベースからバイオ燃料)、または両方の混合物で、車両はガソリンのみで実行することができます。

ルノーは今年フォルクスワーゲン(月2003)、ゼネラル・モーターズ(6月2003)とフィアット後にそのモデルを装備する、クリーンな技術を冒険フレックス燃料をしようとする第四の自動車メーカーです。 PSAプジョー・シトロエングループは2005で踊りに参加することを約束します。

Renault vient de présenter sa « Clio Hi-Flex » au salon de l’automobile de Sao Paulo.

« Le client trouve une liberté qu’il n’avait pas. En fonction du prix à la pompe, le client peut choisir n’importe quelle proportion essence-alcool. Le software de la voiture adapte le mélange au moteur », a déclaré le directeur de produits de l’entreprise, Alain Tissier.

« Renault a tardé un peu plus parce qu’il n’avait jamais fait de motorisation à alcool mais aujourd’hui sa technologie flex fuel est 100% Renault », a-t-il ajouté.

Selon lui, comme l’alcool présente des « caractéristiques chimiques agressives », les durits en caoutchouc, par exemple, ont été renforcées .

« Il n’y a donc pas de problème de durabilité et le client utilise l’essence ou l’alcool en fonction des variations de prix. Cela a un effet immédiat sur son portefeuille. La facture d’un plein d’essence est de 300 reais (94 euros) et de 180 pour le flex fuel (56 euros) ».



Le Brésil peut maintenant, selon M. Tissier exporter de la technologie, des voitures et de l’éthanol ce qui représente « une nouvelle donnée de la matrice énergétique durable et renouvelable du Brésil ».

Anfaveaによると、今年218.320バイフューエル車は、国と35.497アルコールで製造されました。 2005では、五十万フレックス燃料車は、すべてのブランドは、国内での販売となります。

双可燃車の発売以来、1月5,1 2003にブラジルの総売上高の%であった単一のアルコール車のシェアは4月に24,4 2004の%に上昇しました。

ブラジルで生産車の1980 90%がアルコールに働いていたとき、それは数年に比べてまだ非常に少ないです。 しかし、一度、生産者が供給危機を引き起こし、輸出用の砂糖生産にサトウキビを目的地とすることが好ましいです。

さて、この柔軟なシステムで、ユーザーはもはや自動車を賭けて、任意の燃料の不足に苦しんでいない、特に代替手段は、ガスの存在します。

« Nous sommes au début de la fin de l’ère du pétrole », résume Roslaino Fernandes, vice-président de l’association latino-américaine de gaz.

ブラジルは百万円(艦隊の770.000%)を1,2アルゼンチンの後ろ13で天然ガス(CNG)車を使用して車両の第二次世界艦隊を持っています。 経済はフランシスコ・バロス、ガス部門車両Ipirangaのマネージャーによると、ガソリンに比べてほぼ60%です。

9月にはガソリンエンジンの変換ガスエンジンは、ブラジルの石油協会によると、ブラジルの15%とリオの52%増加しました。 リオでは、タクシーの艦隊の80%が35.000既にタクシーの組合によると、ガスを使用します。

現在のNGV艦隊は、国の3,3の%を表しているが、予測は、我々はすべての自動車の少なくとも1,7または2009%に7万台に達するということです。


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *