危険で生物多様性


この記事を友達とシェア:

キーワード:サミット会議、生物多様性、種、動物、絶滅、影響力、男性、原因、変化、汚染、生態系

生物多様性への1月4からユネスコサミットに関する記事の2005プレスレビュー。

1)アラートは、生物多様性、ル・モンドを脅し

エルヴェ・ケンプことで

ジャック・シラク、1月24、政治家や科学者から、パリで開催された国際会議の主導で。
brachytaのborniは、特異点を持つ鞘翅目、非常に平和的な山羊座です:イタリアとの国境近くに、フランスアルプスに位置する1つまたは2つのサイトは、おそらくそこにあります。 この昆虫は固有種である、それはオート=アルプ県では、具体的にはバールの近くに、私たちはこれらの点だけで見られる、と言うことです。
またはBrachyta borniリスクが死にすばやく移動するには:キャリアは、実際には種がヴァール峠に収容された岩石氷河を実行するために12月6 2004県の認可を受けています。 地元の昆虫学者によると、氷河の破壊は可能性が高い種の消失につながります。 一般沈黙の中で、誰が生物多様性の損失の影響を測定することはできません。 世界中の昆虫の数百種、植物、軟体動物、として。
La République n’étant pas à l’abri des contradictions, elle organise, du lundi 24 janvier au vendredi 28, une conférence internationale sur le thème « Biodiversité. Science et gouvernance ». Partie d’une proposition de Jacques Chirac au G8 d’Evian en 2003, cette conférence sort sans doute du lot des réunions de toute sorte qui occupent experts et diplomates aux quatre coins du monde. Parce qu’elle vise à populariser un thème qui est, à côté du changement climatique, le plus grave de la crise écologique planétaire – l’appauvrissement de la biosphère – et parce qu’elle s’interroge explicitement sur les moyens de transformer la connaissance scientifique en action politique effective.
L’événement, organisé par la France, rassemble des responsables politiques de haut niveau (Jacques Chirac, qui doit inaugurer le rassemblement ; mais aussi le président du Nigeria, Olusegun Obasanjo ; le premier ministre de Malaisie, Abdullah Badawi ; le président de Madagascar, Marc Ravalomanana), des entreprises (Sanofi, Novartis, la Fédération mondiale de la pharmacie, Total), des centaines de scientifiques, dont le « gratin » des spécialistes de la biodiversité : Edward Wilson, David Tilman, Michel Loreau, Harold Mooney, etc.
« L’originalité de la Conférence, dit Jacques Weber, directeur de l’Institut français de la biodiversité, est de mettre ensemble des gens qui d’habitude ne se rencontrent pas. » « Il s’agit de faire le point sur ce que l’on sait, dit Michel Loreau, président du comité scientifique de la Conférence, et d’établir le dialogue avec les politiques. Les scientifiques ont l’impression que rien n’avance, alors que la crise de la biodiversité atteint une ampleur historique. »
最初の問題:正確には、気候変動となっている一般市民へのとして理解できる、単純な式を与え、生物多様性の危機を記述する方法?
あなたが破壊や劣化地元の生態系の(湿地、熱帯林、草原など)や地球の歴史の中で前例のない速度で種の消滅を記録する場合は、科学者たちはまだポーズ多くの質問:簡単な指標によって、この危機を合成する方法? どのように最も豊富な受注が、あまり知られている(無脊椎動物)にこれらの失踪を測定するには? 生態系の劣化の実用的な結果を評価するには?
これらの問題は、科学者がまだ生物多様性の危機の一つの表現を生成していないこと、および気候変動とは異なり、世界的な現象、生物多様性の危機は、一般的である特に、として説明します地元のイベントの多数によって翻訳されました。
また、当該研究コミュニティは、断片化されています。 それは、生物多様性のテーマはより強く対立が分裂よりも結びつけることを確認するために残っています。 エコロジストは、分類学者、遺伝学者、社会学者、生物学者の基本的な形態として多くの礼拝堂は時々トラブルが一緒に仕事を持っています。
Les scientifiques espèrent cependant que la Conférence débouchera sur le lancement d’un mécanisme qui pourrait être comparable au GIEC (Groupe d’experts intergouvernemental sur l’évolution du climat). Celui-ci, qui réunit des centaines de chercheurs, produit une expertise approfondie du problème climatique, mais aussi une synthèse facilement compréhensible par les décideurs. De même, pour la biodiversité, « il faut pouvoir dire clairement aux gouvernements, aux entreprises et aux individus quelles sont les conséquences de leurs actions », résumait un texte collectif paru dans Science du 14 janvier.
しかし、それは1992に署名した(生態系を評価する)ミレニアム生態系アセスメントの横に新しい構造体を作成するための多くの不本意、国連環境計画、および生物多様性、特に条約を克服します。
Cette Convention est pratiquement enlisée, en raison de la difficulté à se mettre d’accord sur la répartition des bénéfices potentiels tirés de l’exploitation de la biodiversité. De plus, l’absence des Etats-Unis, qui ne l’ont pas ratifiée, l’affaiblit beaucoup. En 2002 à La Haye, les signataires de la Convention ont fixé l’objectif de « réduire significativement en 2010 le taux d’érosion de la biodiversité ». Le piétinement des discussions compromet la réalisation de cet objectif. La réunion en 2004 de la Convention n’a guère permis de progresser
Les scientifiques cherchent donc le moyen de sortir de cette impasse et de stimuler les politiques en produisant des diagnostics clairs. « On va prudemment tester les hypothèses, dit Laurence Tubiana (Institut du développement durable et des relations internationales), qui coordonnera l’atelier « Gouvernance de la biodiversité ». « On espère que tout le monde sera d’accord pour réfléchir et lancer quelque chose. »

ソース: 世界

2)生物多様性:シラクはそれを救うためにこの世を召喚、解放

コリーヌ・ベンシモンことで

リオの1992から修正され、生物多様性の損失を抑制するためのターゲットは、ほとんど無視されたなくなっています。 新しい会議は、UNESCOで今日オープンします。
パリ:ホモサピエンス2.126.000または20.200平方キロメートル、人類の植民地ヨーロッパのほとんどの地域の一つが、生物多様性の浸食に対する世界的な戦いの旗艦今週になります。 ユネスコ、タイトルが簡潔さのメリットを持っている国際会議の本部でのスタイルで、フランスの首都ホスト今日:「生物多様性:科学とガバナンス」。 ジャック・シラクが着用する公式誓いは、科学がガバナンスに迅速に変換されることを保証することです。 状態の多くの代表者とすることによって再生されます「ガバナンス」については...エコロジスト(1)、疫学者、経済学者、薬理学者、農学者、人類学者:「科学」は数百の研究者と最高で表されますNGO、そしてフランス大統領による最初。

対話。 これはエビアンG2003で、6月8で、会のプロジェクトを開始していた、実際に彼がいました。 十年以上は1992にリオで開催された第1回環境サミット、および生物多様性条約(CBD)の採択以来経過していました。 2002、生物多様性の減少率により、縁石:2010では、ヨハネスブルグで第二の地球サミットでは、より具体的なコミットメントに終わりました。 スロー、何とか、自然の減衰が...目標は控えめに見えました。 それは事実上死んで手紙でした。 どのようなアクションを取ることが欠けていますか? 知識? 政治的意思? シラクは、研究者は「知識のギャップの状態と科学的論争」を建てると「科学者、政策立案者や経済政策の対話を確立する」につながるはずの大規模な科学的な会議がプロセスを加速する可能性があるという。
現在(推計によると、5と100万人の間で)生きている種の数、および脅かさそれらの適応性:実際には、二つの主要な未知数があります。 我々は他の人があっても(トリトンは、地球温暖化...の影響下での産卵日付を進める)を移動することなく、特定の答えを開発し、いくつかの病院のサイトに移行することを知っているが、これらの適応がどの程度速いことが知られていませんそして、彼らはバランスを再配布する方法...(180)「フランスで種が度の平均温暖化を満たすために高度に北150キロを行くと2 mをしなければならない」と推定されています。 しかし、その種がこのレースに勝つために、これらの新しい生息地で生き残ることができますか?

緊急。 まず、生物多様性の損失は人間の健康に影響を与える:3点がエコロジストと環境保護の緊急性を支えるコンセンサスがあります。 第二に、多様性のこの損失は、生活の絶滅の偉大な期間以来の未知のペースに続く第二次世界大戦後にレースさ(イングランドとフランスは15年から彼らの鳥の約80%を失いました)。 第三には、減少は単一の種の圧力に、生命の歴史の中で初めてで、その数字半世紀の空間に倍増している男、しばらく水、木、化石有機材料のその消費量は6を乗じました...
やる種の減少を抑制するために? 生態学の研究者が悲惨泣くフランスの時事問題を、公的な研究をサポートしています。 その場で、行動のための戦略を考案。 このような保護された領域を作成するためのものとして、現在のアクションを、評価します。 「保全」とは、サイト上で、種の「発展の可能性」を維持するためになされなければならない、ジャック・ウェーバー、フランスの生物多様性研究所所長は「、人気の信念に反して、ということを想起し、説明します生態系が平衡状態になることはありませんが、恒久的な不均衡にその進化の鍵となります。」 より多くの異端もう一つのアイデアは、ユネスコで議論される:エコノミストは値とともに増加する商品やサービスの供給源としての性質を考慮し、市場経済の中で生物多様性の保護を統合することを提案します希少性。 自然、新しい市場?

(1)科学的な専門家の生態系。
生物多様性と地球変動で(2)、
エド。 ADPFE、外務省。

ソース: 解放

3)小さな生態レッスン:研究者の視点、ル・フィガロ

ジャン=ルイ・マーティン、機能や進化生態学センター(CNRS /モンペリエ)の研究者。

*生物多様性への人間の影響は古いです。 アフリカの人々と野生動物が一緒に進化してきた一方で、アフリカのクレードル外旧石器時代ハンターの拡大は、多くの大型哺乳類の絶滅をもたらした素朴な顔にこの捕食者のままでした。 巨大な有袋類は50 000年、マンモスとウーリーサイユーラシア前10 000年程度あるオーストラリアから消えます。 象、水牛ビッグホーンを含む巨人の世界は、大きな犬歯が9 000年程度ある北米で気絶してしまったネコ。
*男はまた、生物多様性のベクトルです。 それは新石器時代の農民になると、それは彼の作物や放牧のための森林を開き、彼は火傷を建てました。 それは徐々に景観モザイクや人工的な生息地を作成します。 それは、より多くの種が領域内に共存させることができます。 南フランスでは、ウグイスやホオジロなどの鳥は風景の開放性に依存します。 これは西の国の木立の中も同様です。
*男は他の種と生態系ビルダーのこの役割を共有しました。 ビーバーは、その環境から採取した材料や作成したベアリング水域の多様な野生生物とのダムを構築します。 拡大することによりサンゴは大陸スケール、水中アーキテクチャと比類のない生活の豊かさをもたらします。 これらの種のように、男は長いエコロジストが「生態系エンジニア」と呼んでいるものとなっています。
*産業革命により、 男は生物圏を変更することが開始されます。 マシンは筋肉を置き換えます。 農村部の人口流出は放棄とメディアの閉鎖や農業の集約化を着陸につながります。 化石燃料の燃焼は、気候が変化しています。 大規模な農業の後退に関連した種。 ヒメノガンまたはウズラクイナのような鳥の例に続いて、彼らはフランスの絶滅危惧種の大部分を構成しています。 人間の人口は6オーバーに10億から移動し、常に太陽が地球に毎年提供するケーキエネルギーの大きな部分を使用しています。 他の種に左部分はトリクルに退行します。
*の変化は種の損失に限定されるものではありません。 150年が残っている数千万人に数えられる可能性のあるすべての脊椎動物は、その数は日に雪のように溶け見てきました。 これらの種の生存が危機に瀕してではなく、生態系におけるそれらの機能があります。 以上70百万バイソンは大きなアメリカの大草原を形成するために必要とされたが、彼らの不在がすきによって免れる将来のプロットを危うくします。 同様に、私たちの川で毎年を返すと死んで鮭の何百万人は、海から来る資源とそれらを受精しました。 彼らはまた、地域の経済を供給しました。 今日では、研究者は彼らの不在の結果を疑問視しています。
*生物多様性はどこにでもありますでも町インチ ウッドハト、キツネやシカは、都市や郊外になると作物を植民地化。 彼らは野生動物が非常に人間で修飾された環境での場所を見つけることができることを思い出させてくれる。 家のスズメのような他の種のために、ヒトに関連するよう野鳥は、研究者たちは、私たちの都市環境の品質について疑問を提起回帰を見つけました。 どこでもそれは普通の生活が私たちの都市を含め、場所を維持するか、見つけることができますどのような理解に来ます。

ソース: フィガロ

4)生物多様性:に対するトップのNGOはパリ、ル・モンドの偽善を非難します

Greenpeace et Les Amis de la Terre organisent des débats parallèles au Sommet de Paris. « Nous craignons qu’une nouvelle fois les discours succèdent aux discours », expliquent les deux ONG, qui veulent pointer du doigt les responsabilités de la France en matière de biodiversité. A l’issue des conférences, elles présenteront au gouvernement un ensemble de « réflexions et recommandations ».

Des organisations écologistes organisent un contre-sommet en marge de la conférence de Paris sur la biodioversité pour dénoncer les « contradictions » de la France et l’appeler à passer aux actes.

Greenpeace et Les Amis de la Terre ont décidé de participer d’une façon parallèle à cette grand-messe voulue par Jacques Chirac pour « tenter de convaincre les responsables politiques de l’urgence d’agir ».

« Nous craignons qu’une nouvelle fois les discours succèdent aux discours », expliquent les deux ONG dans un communiqué commun.

鳥の保護リーグ(LPO)は、同じように重要で、その領土上の生物多様性の保護におけるフランスの態度を不審です。

LA FRANCE, PAYS « BON DERNIER »

« Epinglée par Bruxelles il y a une semaine pour sa mauvaise volonté en matière de protection de la nature, la France doit saisir l’opportunité qui lui est offerte (…) de se positionner de manière moins contradictoire », écrit son président, Allain Bougrain-Dubourg, dans un communiqué.

« Il y a aujourd’hui urgence à agir. Notre pays est en effet bon dernier au sein de l’Europe pour la préservation de la biodiversité », ajoute-t-il.

La LPO estime que l’arbre du « plan ours » récemment annoncé par le ministre de l’environnement dans les Pyrénées « ne doit pas cacher la forêt de décisions incohérentes en matière de biodiversité ».

L’Association pour la protection des animaux sauvages (Aspas) dénonce également la « politique irresponsable et calamiteuse » de la France en matière d’environnement.

« La France discourt sur la biodiversité alors qu’elle bafoue gravement la sienne », déclare-t-elle.

France Nature Environnement, pour sa part, affirme que « la biodiversité demande une stratégie ambitieuse et urgente », et souligne « le décalage entre les déclarations et les réalités de terrain ».

グリーンピースと地球の友は、生物多様性で最も豊かな北の国の一つであるパリの責任は、生物多様性条約(CBD)の仕事に貢献するために組織の会議で回避されたくないだろう。

« Depuis sa signature en 1992, force est de constater que la Convention sur la diversité biologique n’a pas permis d’enrayer l’érosion de la biodiversité mondiale », écrivent les deux associations.

ENTRE « BEAUX DISCOURS » ET « PILLAGES » DES FORÊTS

これらは、例えば、熱帯林の劣化を取ります。



« Toutes les six heures, c’est une surface forestière équivalente à Paris, ville d’accueil de ce nouveau sommet, qui disparaît, entraînant l’extinction de nombreuses espèces végétales et animales parfois inconnues », affirment-elles.

森林破壊の規模を考えると、研究者や団体が定期的にアラームを鳴らします。

Pour Greenpeace et Les Amis de la Terre, des solutions existent pour contribuer à la préservation des forêts tropicales, « mais la volonté politique d’agir manque ».

« Dès qu’il est question de sauver les forêts tropicales, nos politiques deviennent schizophrènes : en France on fait de beaux discours, et en Afrique on encourage les entreprises françaises à piller les forêts », s’indigne Sylvain Angerand, chargé de la campagne Forêts tropicales pour Les Amis de la Terre.

Illanga Itoua, chargée de la campagne Forêts africaines pour Greenpeace France, souligne que « les Etats minés par la corruption ou émergeant à peine de conflits choisissent majoritairement la voie d’un profit à court terme et non redistribué à la nation ».

« Dans les forêts, l’opacité, l’absence de gouvernance et l’impunité règnent en maître. Les peuples et les forêts du bassin du Congo en subissent les conséquences les plus dramatiques. Mais c’est toute l’humanité qui est concernée par le pillage de son patrimoine », poursuit-elle.

Pour mettre le gouvernement français face à ses responsabilités et lui présenter « réflexions et recommandations » à la veille du sommet de Brazzaville sur les forêts du bassin du Congo, les 4 et 5 février, auquel participera Jacques Chirac, Les Amis de la Terre et Greenpeace organisent une semaine de débats parallèles.

組織はまた、インタラクティブなステージングなどのアクションを、計画されたパリの1erの区の路上で、公判ロギング。

ロイターとと ル·モンド


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *