バイオ燃料:トウモロコシエンジンで

XNUMXつのエタノール生産者(VeraSun、Glacial Lakes Energy、KAAPA Ethanol、Golden Grain Energy)とテクノロジー企業のEthanol Oil Recovery Systemsは、エタノールセクターに新しい販路を開く可能性のあるパートナーシップを確立しました。

SunSource BioEnergyと呼ばれる共同プロジェクトは、バイオ燃料として使用するのに十分な品質の油をトウモロコシから抽出するための新しいプロセスをテストすることをすでに可能にしており、成功しているようです。

開発された装置は機械的であり、その設計者によれば、いわゆる乾式粉砕プロセスによってエタノール製造プラントに簡単に設置することができます。 これまで、トウモロコシの胚芽から油を取り除く唯一の方法は、化学処理によるものでした。得られた製品は、動物飼料用であり、バイオ燃料としては使用できませんでした。

SunSource BioEnergyはまた、トウモロコシ油を精製してバイオ燃料に変換する、40億189万リットルの容量を持つ85万ドルのコストのバイオディーゼルプラントを建設することを計画しています。 したがって、このイニシアチブは、バイオディーゼル産業への追加の供給源(現在は主に大豆に依存)と、14,4のプラントを運営するアメリカのエタノール会社に新しい収入の保証である多様化の両方を提供するはずです。年間15億リットルの生産量(他のXNUMXユニットが建設中)。

また読みます:  「ベロリューショナリー」の最初の全国動員。

出典:フランス科学、17年07月2005日午後17時15分

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *