まもなく独立エネルギーデイ

この記事を友達とシェア:

ジャン=マルク・ルフェーブル、PCDDEI(プラットフォーム、コミュニケーション、サステナビリティ、産業エコロジー)の会長

世界の温室効果ガスの排出、米国、オーストラリアと並んで、京都アカデミーの「悪い生徒」として図の25%を持ちます。 すべての種類のNGOが酷評、まだ彼らは彼らの排出量を削減する野心的、経済的、科学的に発表します。 アナウンスメント効果や自由主義は、巧みにと思いましたか?

国家...世界地図

ブエノスアイレス、リターン? 7年締約国の第四会議の後、世界の政府は2​​月16 2005に京都議定書の発効近くのエントリを検討するアルゼンチンの首都で開催され、進捗状況の株式を取ります。 同じ場所で「version1」のように、米国は署名がなくても、主要な文とそれが動員ドルによって基本的に信頼できると思われるポスト京都計画、気候ビジョン、と到着します。
1997では、米国は適切に、CO2の巨大な堆積物は、米国では、国立公園内の森林で、さらに深い地層にある「保存されている」、ブエノスアイレスの発見を発表しました。 NGOの怒りは、多くを持っていた怒りの欧州諸国は、彼らの「バブル」で楽しく水しぶき、自分たちの中で合意に達することができません。 それにもかかわらず:USAは、特に炭素吸収源に、そのパスを続け、彼らはまた、2003国を獲得した炭素隔離に関する国際フォーラム(CSLF)、と6月に15を正式に管理し(フランスなど)EU。 もはや本当によく、塩の空洞で「トラップ」に、産業や大規模なコージェネレーションからではなく、ソースでの店舗二酸化炭素に、森のヘクタールをカウント終了油に操作または廃鉱山インチ 石炭は今握る米国にとって重要な問題であり、
世界の埋蔵量の22,9の%(アジア36,2%)。 偉大なプログラムの一つ「温室効果抗」は2002、すなわち、からの電気と水素の複合生産に発表された、未来の世代であることは非常に自然なことでした隔離CO2製品、または超臨界CO2(優れた溶媒)での処理との石炭。

$ 1年(米国政府によって部分的に資金を供給)に10億円となりました。

すなわち、それらはCDM(クリーン開発メカニズム)の潜在的な受益者は、少なくとも先進国のグループに属している場合は特に...このプライマリリソース上のどの興味国高度に依存します! 炭素隔離は、まだ正式な柔軟性のこれらのメカニズムに入っていないが、ブエノスアイレスの米国の目標の一つは、新しいグローバルな会計にそれらを統合することです。 温室効果削減にグローバルな連帯の名の下に、アメリカの土の上に直接保存されるように多くのクレジット。
道路輸送中の水素とその応用:フューチャーと一緒に、また米国の優先事項の一つがあります。 これは2020により、すべての生産車、特にトラック用燃料電池を一般化することを目的と自由車のプログラムです。 推定節約:米国だけのために、年間CO500の2万トン、ほとんどの先進国の支持を得るために、そのショットに成功しました。

農業は、排出量を削減するよう命じ

2月2002では温室効果ガス削減のフォークの下を通過し、米国農務省でした。 目的:森林を維持するために特に積極的なプログラムと、12で保存された炭素相当の2012万トンだけでなく、農業廃棄物、集中的な森林再生への「バイオガス」の設立(特に保護地域で)、およびそれらに彼らの隔離率の財務評価を可能にするために農場のために非常に教育方法。 間違いなく、米国は大規模なLULUCF(土地利用、土地利用保全と林業)を再生、クリーン開発メカニズムは、もともとアマゾンの熱帯雨林を維持するために想像しました...

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *