ユーロ380 10年の石油のバレル?

この記事を友達とシェア:

パリ(ロイター) - 原油価格は、10年後には今日より約8倍以上を380ドルを要することができる、月曜日発表された研究でIXIS-CIBの投資銀行は述べています。

、パトリックアートスとモンセフ・カアビ経済学者の研究の著者を書き、「1970年のオイルショックと類推することにより、私たちは380に石油の価格2015ドルバレルを予測するのは無理思えません」。

彼らは、今日の周り50ドルを発振し、10年に30 40ドルの間で返すことができ原油のバレルの価格反し、「非常に保守的」と「全く不当」の仮定を判断します。

現在、世界の石油消費量(一日あたり84,3万バレル)は、既知の最大生産能力(87百万バレル)を下回ったまま。

世界の石油消費量の現在の傾向を外挿する、エコノミストIXIS-CIBは、それがで108 2015百万バレルの周りになり、8百万バレルと見積もら生産能力に%を100より優れだろうと信じています。

いくつかの要因が、その進化の過程でこれを説明します:

- 新たに見つかった石油埋蔵量の連続的減少に起因する生産能力のわずかな増加。

- 特に中国からの需要が大幅に増加する見通しで、より速く、世界のGDPよりも石油消費量の増加;

- 代替エネルギー源の比較的遅い開発。

「今後10年間で、我々は、化石燃料のエネルギー代替(核、水素...の復帰は)あまり発達していないであろうことを考えることができます」パトリック・アートスとモンセフ・カアビ書きます。 "それゆえ、世界は依然として通常の形のエネルギー資源に依存するだろう。

彼らは引用計量経済計算は、原油価格との関係で石油需要の弾力性は非常に低い要件になります:原油価格の25%の増加のみ1%削減だろう需要。

「8%から2015への世界的な石油需要を減らすために、2005から2015への原油価格の6,9を乗じなければならない」と付け加えた。 これは、米国の2,5%の年間インフレを考慮に入れて、「380の1バレルあたりの2015ドルの名目上の価格」を考慮しています。

ソース:ロイター

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *