プラスの2005バランスシートがあれば、省エネキャンペーンは2006で継続されます

フランス人は、「速くしよう、それは熱くする」省エネキャンペーンの開始からXNUMX年後、日々の行動を変えたと言います。 行為は言葉次第であると賭けましょう。

住宅と輸送のためのエネルギー消費により、世帯はフランスのCO2総排出量のほぼ半分を直接負担しています。 これが、ADEMEが2004年XNUMX月に全国的な動員キャンペーン「エネルギーの節約、早急にやってみましょう、熱くなる!」を開始した理由です。 »政府の要請によるエネルギー節約と地球温暖化について、産業省(MINEFI)およびエコロジーと持続可能な開発(MEDD)と。

キャンペーンの最初の年は温室効果、その起源、結果、エネルギー消費と日常行動との関連性についての意識を高めることに捧げられていたが、2005年はフランスが行動します。 化石燃料価格の高騰と異常気象の好条件に支えられて、2005つの主要な手段がフランスのエネルギー節約を動員しました。メディアとクレジットでの情報キャンペーンの継続です。 XNUMX年の初めに、最もエネルギー効率の高い機器の税が強化されました。 キャンペーンの開始からXNUMX年後、エネルギー量と温室効果ガス排出量の削減の観点から定量化することが依然として困難であっても、結果は満足のいくものと見なされます。

また読みます: 3年2006月XNUMX日以降、ベルギーで合法的な菜種油の給油

続きを読みます

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *