自動車2005-2020:明日のために何の車?


この記事を友達とシェア:

新しい前向き研究のADITは今出ています!

このレポートでは、自動車分野では、両方の研究その産業の分野の専門家の数十年の2004中に実現の一連のインタビューの結果です。

Il represente une photographie « instantanee » des problemes auxquels est confrontee aujourd’hui l’automobile et des solutions qu’il est permis d’envisager d’ici 2020. Pourquoi cet horizon ? A l’oree de cette nouvelle decennie, les reserves prouvees de petrole auront considerablement diminue, et ce dans des proportions d’autant plus importantes du fait du boom economique de certains pays, tels que la Chine et l’Inde, qui est amene a s’amplifier.

主要なテーマ別のそれぞれは、(エンジン、材料、エレクトロニクス、セキュリティ、タイヤ)は、ヨーロッパやアメリカとアジアの両方で、R&Dの主な拠点の包括的なディレクトリを伴うだけでなく、さらなる読書のための多くの有用なコンタクトされる対処しました。

詳細については、この文書(96のカラーページ、価格:ユーロ185 - 5,5%の付加価値税)を注文するにログオン: http://www.adit.fr


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *