フランスのバイオマスの開発のためのVEGAワークショップ


この記事を友達とシェア:

バイオマス前向き将来にリフレクションワークショップを作成します

「ベガ」と呼ばれるこのワークショップは、大気中の温室効果ガス排出量の削減、化石燃料代替品の開発、温室効果ガスの限られた利用可能性の3つの主要な課題によって支配されているグローバルな状況の一部です。再生可能な天然資源。 また、バイオ農業を発展させ、エネルギーの独立性を高めたいという欲求によって動機付けられている。

ANRが立ち上げたプロジェクトのために呼び出し、このワークショップは、CIRADと共同でINRAによってコーディネートとIFPは、植物の種を同定することを目指し、年間または多年生植物やマイクロの一部として設定-Seaweedsと、持続可能性の目的に適合するアカウントにすべての入力と完全なライフサイクルアセスメントをしながら、新エネルギーや化学物質の要求を満たす他の藻類や生産システム。

バイオマス変換の全ての形態は、公的研究機関を含むいくつかの20のパートナーを結集する、ワークショップの一環として(バイオ燃料、グリーンケミストリー、エネルギー生産のための直接燃焼、バイオ...)と見なされます大学、技術センター、産業、公共の俳優やスキルの広い範囲をカバーする団体のネットワーク。

詳細については、お問い合わせください:
- INRA /パリ - フランソワ・ウリエ、工場製品の科学監督:TEL。 33 +(0)1 42 75 92 39
- INRA /ナント - ポーコロンナ:TEL。 33 +(0)2 40 67 51 45
- CIRAD - キリスト教セールス:電話。 33 +(0)4 67 59 37 53(37 52)
- IFP - ザビエルモンターニュ:TEL。 33 +(0)1 47 52 60 98

ソース: フランスBE


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *