フランスのバイオマスの価値化のためのベガワークショップ

未来のバイオマスに関する前向き反射ワークショップの作成

「VégA」と呼ばれるこのワークショップは、XNUMXつの主要な課題、つまり大気中への温室効果ガス排出量の削減、化石炭化水素の代替品の開発、および再生可能な天然資源。 彼はまた、バイオアグロ産業を発展させ、エネルギーの独立性を高めたいという願望にも動機付けられています。

ANRによって開始されたプロジェクトの呼びかけの一環として設立されたこのワークショップは、INRAがCIRADおよびIFPと協力して調整し、植物種、年間または多年生の植物、またはマイクロを特定することを目的としています。 -すべてのインプットと完全な生態学的評価を考慮に入れながら、持続可能性の目標と互換性を持ちながら、新しいエネルギーおよび化学セクターの需要を満たす藻類、および生産システム。

公的研究機関を含む約XNUMXのパートナーが集まるこのワークショップの枠組みの中で、あらゆる形態のバイオマス回収が検討されます(バイオ燃料、植物化学、エネルギー生産のための直接燃焼、バイオマテリアルなど)。高等施設、テクニカルセンター、メーカー、公的機関、および幅広い専門分野をカバーする協会のネットワーク。

また読みます:  タンザニアのアフリカにおける生物嫌気性消化、ダウンロードする研究

詳細については、連絡先:
--INRA /パリ--FrançoisHoullier、プラント製品の科学ディレクター:tel。 +33(0)1 42 75 92 39
-INRA / NANTES-ポーコロンナ:tel。 +33(0)2 40 67 51 45
-CIRAD-クリスチャンセールス:tel。 +33(0)4 67 59 37 53(37 52)
-IFP-ザビエルモンターニュ:tel。 +33(0)1 47 52 60 98

ソース: BEフランス

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *