Wendelstein 7-Xのアセンブリが開始されました

長年にわたるコンポーネントの計算、準備、製造の後、Wendelstein 7-Xプロジェクトは新しいフェーズに入りました。マックスプランクプラズマ物理研究所(IPP-Institut fur Plasmaphysik)のGreifswald支店)、溶解設備の組み立てが開始されました。

工業生産はまだ進行中ですが、大規模な設備の組み立ては、プラズマ容器に最初の磁気コイルを通すことから始められました。 施設の建設には約6年かかります。

核融合の研究の目的は、太陽に存在し、原子核の核融合によってエネルギーを得ることを可能にする現象を再現することに成功することです。 この核融合火災を開始するには、水素プラズマを磁場に閉じ込めて、100億℃以上の温度にする必要があります。 Wendelstein 7-Xは、完成すると世界最大のステラレータ型核融合施設になります。 その目的は、核融合に対するこのタイプの発電所の適合性を分析することです。

また読みます: 南極の氷河作用:海洋起源ではなく大気起源

コンタクト:
-インターネット:http://www.ipp.mpg.de
出典:Depeche idw、IPPプレスリリース、19年04月2005日
編集者:ニコラスCondette、nicolas.condette@diplomatie.gouv.fr

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *