バイオマス発電所の10入札


この記事を友達とシェア:

ポルトガルは100メガワットの合計バイオマスを使用して木曜日に10基の発電所の建設のための入札を起動します、報道機関ルサが引用した場合に近いと発表火曜日ソース。

関税がユーロ1,05のメガワット時間に設定した、、、単位あたりの10メガワットに限定される植物由来の有機材料からの電力生産はそれを同じソースを行いました。

ポルトガル当局の目的は、バイオマスから電気の2010、150一部メガワットを生産することです。
油や排出CO2上のVIS-依存度を減らすために、その再生可能エネルギー源のすべてを使用しようとするポルトガルは、2,5億今後投資する計画します。

石油から生産される電力の58%で、それは欧州連合の国の1化石燃料とより汚染に最も依存しています。

ソース

エコノロジー注:€1,05の価格éronnéはMWhのです。 確かに、このグリーン電気料金の生産や償還のコストかどうか、この数字は非常に低い(0,105 C€/ kWhで)です。

確かに、 核kWhのことを考えると、(世界で最も安いの一つであり、2,8 Cは€/ kWhのコスト ここでの計算) , et d’un autre coté, le kWh « vert » éolien est racheté 5 à 8 c€ le chiffre de 0,105 c€/kWh semble bien ridicule…


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *