フランスの太陽エネルギーに関する分析


この記事を友達とシェア:

太陽エネルギー、太陽熱エネルギーの習得は、どのように行動しますか?

バーナードReynier、グルノーブル国立工科大学からの物理学者・エンジニアの発現。

キーワード:太陽、太陽、エネルギー、熱、弱点、最適化、開発、貯蔵、節約。

一般的に、プロセスは以下の通りです:日は、流体、生息地や工業施設内の車両のカロリーを加熱します。 熱力学サイクルを逆にし、冷生成することができ、太陽のように施設​​を冷却するために使用されます。

はじめに

エネルギーは私たちの日常生活の中心にあります。 化石燃料価格とエネルギー・デリバティブの指数関数的上昇は、将来のエネルギー法の公布は、エネルギー消費の私たちのパターンに大きな影響を持つことになります。

すべてのアナリストは、その日当たりの良い地域や産業容量の大きな可能性にもかかわらず、フランスは、太陽熱エネルギーの開発だけでなく、そのエネルギー管理政策の効率化に遅れている、断固です。
議論は原子力や化石燃料が提供する質量エネルギーにいわゆる再生可能エネルギーに反対することはもはやありません。 誰もが、我々はまだ日なし無風の日電力網のバランスを維持することをそれを必要とするであろうこれらの作品の間に数十年が必要であることを十分承知しています...

確かに、私たちの文明は、研究者の3〜4世代である、20世紀後半の地平線上に他の信頼できる代替手段を持っていない、新しいエネルギー源を発見するのは、被保険者させます。 一方、我々は反応する必要があります。

後半フランス語

国は、熱エネルギーSOLAR ...経済的リアリズムによって実用的なエネルギーミックスの開発に積極的なアプローチの実装に従事しなければならない実質的な資産を持っています。 我々はと飼い慣らすことができなければなりません。

それは長いプロセス、現在の緊張エネルギーコンテキストで数年間のプロジェクトとなります。 しかし、彼はそれにコミットし、私たちの野心の手段を与える必要があります。

Le sujet de l’énergie solaire thermique mérite d’être clarifié, avec pédagogie. Pour le citoyen » lambda « , l’énergie solaire thermique est trop souvent associée d’une part à la production d’électricité dans des conditions techniques complexes et d’autre part à l’idée de coûts de revient toujours onéreux.

一般市民、多くの当選者については、協会 - 日 - HOT WATER - サニタリー水暖房 - PART局所加熱 - エアコンは - すぐには行われません。 ただ、通信ギャップの重要性を測定するためのエネルギー論争で記事を読んで - メディアで理解...

いくつかの文章は、生息地の100の㎡に取り付けられた平均エネルギーリザーバーを呼び起こします。 センサーの㎡は、コストを言及しているが、ほとんどない最大数によって読み取り可能で理解しやすい法的単位でのエネルギーポテンシャル。

太陽の可能性

平板コレクターの100の㎡(16 8のメートル)を装備した2の平方メートルのための個々の住宅については、部分加熱国内の水の約8800 kWhと、年間平均預金額は、水によって消費されます家電、食器洗い機、洗濯機、生息地の加熱部。
村、ホテル、老人ホームの建物型のホールでは、年間平均電位は、この種の構造に非常に重要になることがあり、センサ表面に比例します。
最後に、(などすべての食品、紙産業、)ホット流体を使用する産業は、このエネルギーによって非常に懸念しています。 かなりの屋根面、50 000の電位 - 100 000キロワット共通しています...
これらの堆積物では重要なように、できるだけ早く、太陽冷却のメリットを追加さ​​れます...

この太陽熱とその結果の利用の開発のための明示的な反射条件:

- 伝統的なエネルギーと温室効果ガス排出量の消費量の削減、
- 地域社会と市民の財務費用の減少、
- 高貴な職業の雇用の発展、より多くの社会的利益の保有者、
- エネルギー管理に案内する必要が市民に積極的な教育の実施、
- フランスの影響が少ない裕福な国への効果的かつ模範的な貢献をもたらすだろう。

長年にわたり、市場および太陽熱システムの申し出は鶏と卵のようなものです。 市場は新築の市場では、60 000パビリオンは、太陽の熱機器を使用する可能性があります...市場を待つお得な情報を期待しています。 フラックスマンション、商業ビルのご宿泊情報(ホテル、老人ホームなど)および一部の工業用建物を追加します。
リフォームや機器と廃止された暖房システム(電気温水器、暖房やエアコンなど)の年間ボリュームの交換の分野に関しては彼... 4〜8倍です1万太陽熱温水器に比べ百万円、2004電気温水器の半分を売却...

電位は、一般的に平均年間エネルギー預金のローエンドは$ 250ギガワット時である... 000 10 000の売上高と比較して、2004 1250年次のインストールと推定されています

太陽熱の発展への障害

Comment vendre des produits qui ne sont pas connus? La communication média, réduite à la portion congrue, est trop peu lisible du grand public. Les consommateurs, habitués à « voir et toucher », ne connaissent pas les appareils lesquels ne sont pas présentés par les grandes surfaces du bricolage. La distribution est confiée à quelques milliers d’artisans labellisés « ADEME » dont les produits solaires thermiques sont rarement prépondérants dans leurs revenus. Alors que l’on installe soi même un chauffe eau électrique, un radiateur, une cheminée, voire des matériels plus complexes, il est presque impossible d’acquérir les matériels solaires thermiques en kit, interdisant ainsi leur auto-installation !

公共の場で、業界では、ホテル、老人ホームの建設のための入札では、いくつかの企業は、太陽熱エネルギーと組み合わせた設備を提供しています。 引用符が存在する場合、開発した技術を考えると、速度が(過度参照)高いです。 なぜ、レンダリングされた同等のサービスのために、従来の装置に比べ3〜6倍以上の高価な太陽材料がありますか? 電気温水器や太陽熱バルーン間の価格差を説明していない値の分析は、最終的に革新的なビット...

デバイスは、税の払い戻しや保険料の支払い(地域協議会など)の対象となります。 Ces aides substantielles à « l’achat + pose » freinent l’émulation et la concurrence, limitent les offres de nouveaux fabricants souvent découragés face aux contraintes de l’obtention des labels adhoc. また、低ダイナミックな市場がこの活動に参加する産業を奨励していません。

Faut il vraiment poursuivre la politique de versement de primes ? Ou bien encourager la production de matériels à des prix réalistes en « ouvrant » le marché à de nouveaux entrants ?

産業・エネルギー俳優は今、産業および商業複合作用を開発する必要があります inversant ce cycle inhibiteur et sclérosant en proposant des « tarifs marché ».

ステップが取られます。

まず:異なる通信し、コストを削減します。

メディア通信は、地域のプレス内のイベントを実施し、テレビによって、改善されなければなりません。
これは大幅な供給業者としての基準を課す必要がありますか? 迅速に市場を解放します。 太陽エネルギーは無料で、CSTBは法制化だけをさらに評価することなく、施設の性能を理解していないはずです。 積極的に競争を高めながら、これは購入者に通知します。

材料の販売価格は700 2000ユーロユーロ(現在の低い範囲が1200ユーロを超える)の範囲内でなければなりません。 彼らはBTSの労働で充電するに値する電荷を敷設?

第二に、技術革新を開発し、工業化。

従来のエネルギーに比べ6年 - ステークスは8への投資時に以前のリターンを減少させるために必要な。 この現実的な課題は、製造コストと続く需要の伸びを減少させるソリューションの革新を見つけます。

エネルギーディストリビューターの研究部門は、期間時代遅れの技術を変更することがあります。 このようなこれらの相変化などの新しい材料は、電子機器を制御し、太陽光設備の技術に強い関心を吹き込むことができます。 フランスは、この分野での適切な研究を連携させる必要があります。

10%の唯一の懸念フランス - ヨーロッパの太陽熱部門は今000、2 3ジョブ未満を表します。 これらのデバイスの研究、製造、設置および保守は、私たちの若者に魅力的価値の高い仕事の何千ものプールを、持っています。 ヨーロッパでは万人の雇用の電位がしばしば言及されています。

第二に、我々は明らかに材料の製造を放棄することができます。 私たちは、革新的な作品のクリエイターを支援する必要があります。 冶金、プラスチック、エレクトロニクス、マイクロメカニクスの産業は、消滅する地域では、スキルは、これらの経路に再循環させることができます。

最後に、太陽の冷却が迅速になり、2003の熱波を以下はテスト・アクションかもしれない地元の宿泊施設やその他の特別養護老人ホーム(含む、商業施設での使用のために検索しなければなりません)、等 地方自治体は、これらの手段によって興味最初の顧客が住宅ストックの大部分で必要な快適さとなっています。

Cette technologie ancienne, industriellement délaissée ( qui n’a pas connu en camping les réfrigérateurs à gaz où avec » du chaud on fait du froid « ? ), présente pourtant de véritables enjeux. Les étés caniculaires à venir, largement prédits par les experts, dynamiseront l’installation de climatiseurs aux conséquences fâcheuses sur les consommations électriques d’été alors que les conditions de fonctionnement des centrales électriques seront loin de leur optimum.
太陽冷却は、これらの問題を解決するのに役立ちます。 のより高い温度でより夏の電力の分布 - (2003で熱波の後に、パフォーマンスの低下にエアコンの販売の爆発は、常にファウル両方の生産の将来のトラブルを発生含まれている必要があります雰囲気と様々な廃液にリンクされている温室効果の悪化...)

エネルギー管理を形成します

省エネルギー政策の実施と同時に、重いトレーニングポリシーを雇うために必要な再生可能エネルギーの利用の開発は、この長鎖に関与することになり、従業員の身体を同行します値。 文化の移行は、彼がこの重大な変化に同行する必要がありますその間数年かかります。 教育目的のために、以下のこの提案された文化的な変曲によって影響を受ける領域のリストは包括的ではないかもしれません。

特に、次のとおりです。

- (工業を含む)すべての建物を提供する太陽熱システムの設置の活動
- 建築家などの伝熱、日光、新しい知識を獲得します...
- 建物の建設や改修における熱の研究を担当するコンサルティング会社、
– L’ensemble des corps de métiers du bâtiment qui utiliseront de nouveaux matériaux ( exemple la brique « Monomur » ), des planchers solaires, de nouveaux revêtements de toitures intégrant des capteurs solaires thermiques ou photovoltaïques,
- (必然的に複雑で多様な)工業プロセスからのエネルギー研究の専門家でコンサルティング会社
- インストール、調整、配電網に接続するための保護装置を含む、太陽光発電のインストール、保守の活動、
- EDF分布のネットワークへの風力タービンや小規模水力発電所、発電所の電気的結合のための電力発電機のフィールド
- 運輸部門雇用:新しいエンジン、電子制御、等...

潜在的なサイクルとトレーニングサイトは、トレーナーは需要が今日急速に成長しているこれらの比較的新しい分野での能力がある2008-2010年ニーズのサイコロを満たすには不十分です。

Simultanément, les importants départs en retraite des » baby-boomers » vont amplifier la pénurie en compétences.

熱力学は、熱交換流体の循環の法律は、学ぶことは比較的複雑です。 これらのスキルはほとんど使用されていないとき、彼らは重いリサイクルが必要です。 今日、これらのほとんどの知識が配布され、建築業界や業界に制御されています。

同様に、パワーエレクトロニクス、製造に必要な機械的な計算の分野 - メンテナンス水力発電や風力タービンは、一般的なカリキュラムでは珍しい、複雑です。

それは、そのような使用エアコンや可逆加熱により指数関数的に成長するヒートポンプなどのハードウェアの同じ動作概念です。

太陽電池事業

Sans un effort considérable de formation d’artisans, le passage d’un rythme annuel de pose de 10 000 chauffe eau solaires en 2004 à un volume de 200 000 dés 2010, soit un facteur de croissance de 20, ne peut être réaliste. D’autant que la réussite du challenge sera liée au professionnalisme des artisans installateurs fortement impactés par les départs en retraite des « baby-boomers « .

地熱システムのメンテナンスニーズやヒートポンプの増加は、特にメンテナンス部門の新しいプロモーションの専門家を形成する必要があります。

プロジェクトマネージャーの必要性が増加します。 それは、まずルールを構築コンプライアンスを確保し、またクラフト内の新しい概念の移行を促進する彼らです。 これらの工芸品は、建物の品質の原点にある法律の目的の成功の礎の一つです。

コンサルティング会社は大幅なコスト削減を行う必要があります、それは複雑な工業プロセスで高度なスキルにアピールするメーカーが、特に需要になります。

配電網への発電設備のカップリング(風力、太陽光、小水力)は、一般に、技術はほとんど知られていない電気技師の職人であり、複雑であると。 一方、発電機(風車、油圧...)の維持は、定量的および定性的にするために新しい知識が必要になります。

機械部門では、電力、エレクトロニクス(モーターを中心に)、ニーズが増加します。

経済・太陽熱テクニカル分析

数年後に、需要が要因によって成長します10

挑戦する追加の難しさを加える技術教育の従業員における年齢曲線...

バーナードREYNIER

エネルギー貯蔵に関する氏Reynierの他の出版物を読みます

ここでは、訪問者の反応があります

ボンジュール、

分析良いが、アイテムはそれよりももっと一般的であるため、私たちの観点から、残りの部分に矛盾によって損なわ。 我々は、この矛盾は必ずしも作者の見解を反映するものではないと信じているが、著者は誰にも怒らないように、意識的かどうか目的を、策定しました。 それは一切し、任意の件名に取得明確なアイデアがそれらを言うことのように決して終わらない長い道のりです。 私たちは、負以下のものを取らないために著者に依頼してください。

したがって、我々は、この矛盾を上げるため、議論に石を作ることを提案します。

La contradiction : s’il est exact (et l’auteur l’a mis fort à propos en italique) que l’explosion des (inutiles qui font les) normes sur le matériel et allouent les subventions sur la base des dites normes, pèse sur le développement de toutes les applications sur le terrain du solaire thermique, cela devient alors contradictoire d’appeler de ses voeux une innovation industrielle qui va aller encore d’avantage dans le sens de cette normalisation en proposant des produits « boite noire » qui seront d’autant plus hors de portée de l’artisan de base et devront encore plus… être sujets à des normes.

Il y a dans cette histoire de high-techisme et de normalisation un objectif dissimulé de monopolisation du marché qui a pour but de transformer les installateurs de base en équivalent de vendeurs de télés. Or alors simplement, comme dit le poète, un phénomène de « vitesse acquise » ou de « pensée unique » dans le sens qu’on pense le développement technique de cette manière, à savoir « développement technique » = « développement de produits ».

Un tel « développement » profitera à terme aux mêmes grosses structures industrielles qui posent pour l’instant des chaudières à mazout que l’artisan de base est justement incapable pour beaucoup déjà de comprendre, et pour 99%, de fabriquer. Or si on veut intéresser l’artisan de base, il faut lui proposer quelque chose sur lequel il possède un pouvoir et une connaissance concrète, et qui rende son activité dans son domaine plus « robuste » face au marché mondialisé. A savoir par exemple contre les dumpings qu’il y aura avec des produits fabriqués par des esclaves en Chine pour tuer justement le marché décentralisé des indépendants de base.

診断は、彼らはすでに、まだその誰もが望んでいないことなく、よくやっている既存の製品意志よりも、より良いではないが、新製品が提供してはならないということである場合。

Il faut proposer une connaissance technique en tant que telle. Cette connaissance technique doit se baser sur un produit « ouvert » dans le sens des technologie libres, comme par exemple Linux est ouvert. Il doit aboutir à des installations solaires thermiques de type « mecano » (c’est là où nous sommes résolument à contre-courant des opinions dominantes en la matière), de manière à ce que l’artisan de base puisse intervenir sur elles à chacun des stades de leur installation, les modifier en vue de résoudre des problèmes particuliers d’installation (qui toujours se posent en rénovation, or la rénovation concerne 99% du parc construit) ou de dimensionnement, les démonter pour les réparer/modifier, les remonter etc. ce que ne permettent pas les « kits » ou des produits « boite-noire » high-tech et compacts du marché.



De plus, une « installation mecano », dont une grande partie de sa « valeur » git dans le travail de construction/montage même, peut difficilement être volée car elle ne peut être emportée d’une pièce. Cela rend donc de telles installations solaires thermiques « socialement plus sûres » au contraire des installations photovoltaïques ou des installations « high tech » (par exemple les kits sous vide), soumises à des vols continuels en France (les panneaux/capteurs sont revendus sur le marché gris allemand). Une telle technique rend aussi la tâche plus facile et épargne la santé et le portemonnaie de l’installateur, dans le sens que des éléments « mecanos » sont plus léger/ moins encombrants, et donc faciles à déplacer/ transporter/ installer pour des petites entreprises dotées d’un outillage de base (la camionnette et le matériel et les outils dedans). Ce qui les rends justement intéressant pour ces petites structures (en clair, avoir un capteur de 3m2 d’une pièce moins cher ne sert à rien si on est obligé de payer une grue pour le monter sur le toit, sans compter que s’il a un problème ou qu’il faut faire une modification, il faut entièrement le changer soit donc, le redescendre et en remonter un autre…). Nous pourrions énumérer d’autres avantages génériques et de simple bon sens qui vaporisent ainsi tous les fameux avantages spécialisés de produits industriels pensés selon une logique « hors-sol ».

Mais pour revenir à l’installateur de base, c’est parce qu’il a la liberté de modifier et d’adapter son produit qu’il est amené à s’intéresser aux modalités de son installation, et que par ce biais il améliore sa compétence dans ce domaine. Ce qui en fait un artisan, soit un métier, et non pas un vendeur, soit une occupation de working poor à siège éjectable. Car un vendeur de télés, même s’il vend beaucoup de télés, est sauf exception cosmique, incapable de dire comment fonctionne une télé et comment la réparer. Il est donc remplacable du jour au lendemain par un autre vendeur de télé (polonais?) qu’on peut payer encore moins cher vu que la compétence de base demandée est de toute façon proche de zéro. C’est la fameuse foire aux métiers imbéciles que promeut notre civilisation en lieu et place du minimum universel d’existence que les progrès de la science rendent non seulement possible, mais nécessaire sous peine de guerre civile généralisée à brève échéance. La contrepartie de ce fait, difficulté à laquelle nous avons affaire en Suisse un peu et en France beaucoup, c’est que personne ne peut se bombarder du jour au lendemain « installateur en solaire thermique » (et surtout pas après avoir suivi une formation bidon qualisol). Seul le coaching continu et l’activité sur le terrain permettent la production d’une réelle compétence. Cela demande donc une patience que beaucoup, par inclination, désespoir, ignorance, orgueil ou stupidité, n’ont pas.

Bien sûr, il faut veiller à ce que les modifications et adaptations locales de la technique soient valides, de manière à ce que les installations fonctionnent à satisfaction et que donc les clients soient contents (ce qui est vital, n’en déplaise aux vendeurs hors-sol, à la réputation d’un artisan qui reste intégré dans son milieu, au contraire du vendeur qui disparaît dans la nature une fois le produit vendu). Dans le cas contraire on tomberait dans le foutoir des années 70 et toute la mauvaise réputation du solaire qu’il a généré. Mais des kits standards, y compris apparemment pas chers et/ou bardés de normes, installés – on pourrait dire « vomis » – n’importe comment sur n’importe quel toit pour n’importe quel usage – y compris quand on pourrait faire mieux avec le même argent, par exemple en isolant – c’est aussi le foutoir.

したがって、この段階でそれは繰り返しのsuperproduitより多くの我々はISO形式で十字を置くように1がラベルを置くその上に奇跡が、serciceにそれを作る人を製造業界ではありません必要があります妥当性を判断するための基本的なインストーラ、技術的、建物全体のエネルギー効率の観点から、一般的な技術のための応用。 そして、ここでは著者に達します。 このような構造はまた、エンジニアが、基本的な...当ボトルなどcoachent新人、さらにはホームビルダーを持つ職人を含み、それらはボトルでも提供されます。 職人も事実に貢献する新自由主義のまっすぐな考え方を来て、潜在的な競合他社への任意の助けを拒否することによって精神的な困難彼らの市場を確保するために誘惑と戦うことはない克服しなければならないように他の多くのもののように、太陽熱、開発しません。 技術はちょうど自由であるため、このタスクでそれらを助けるために、住宅建設の成長能力からの圧力があります。

C’est ce que nous essayons de faire au sein de Sebasol, une association qui pose comme condition si ne qua non pour en faire partie, d’avoir réalisé de ses mains au moins une installation solaire thermique qui fonctionne selon une technique éprouvée fournie en premier lieu. Une telle association voit collaborer ensemble des autoconstructeurs et des installateurs de base, avec une circulation continue de l’information technique des uns aux autres. La rétention d’information est interdite et les artisans et autoconstructeurs du réseau sont la base pour la formation de stagiaires avec pour objectif d’en faire des installateurs. Donc des gens qui seraient selon une logique actuelle étroite pour ne pas dire dégénérée, leur propres « concurrents ». La contrepartie évidemment est que le cursus de formation est long, et que de tels « concurrents » auront alors à terme acquis une culture réaliste issue de l’expérience du terrain. Leurs installations seront belles, fonctionnelles, et concourront dès lors à la bonne réputation du solaire thermique en général et de tout le réseau en particulier. Sans compter qu’à travailler ensemble, si parfois on s’émule parmi, le plus souvent on se donne des coups de main…

注:このささやかな意見では、我々が議論に貢献していると信じて、これは作者に役立つことを願っています。 我々は彼に彼がテキストを尊重するために、コースの主題を願ったこの意見を転送する許可を与えます。 我々は非常に忙しいですし、論争に燃料を供給する時間がありません。 我々は物事を成し遂げるために私達のオーバーヘッド料金内に最善を尽くし、またフランス、太陽の熱を希望します。

日当たりの良い挨拶

パスカルCretton
Sebasolヴォー/ソーラーサポート

詳細について


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *