水スパイクトラクターの解析


この記事を友達とシェア:

水をドープしたトラクター上の計算や反射。

はじめに:なぜこの反射?

テストベンチ上のトラクターを渡すとflagrante結果の不在を与えられたの失敗経験後、私は農家によって与えられた数字の小さい反射を主導し、サイトQuanthomme上で公開します。

確かに、 私はパーキンスエンジンを搭載したトラクターMF188 1978 4248上で実行した経験が水噴射と安定して固定された固定料金で、このの有無にかかわらず、性能に差は認められませんでした。 とや水性能のないIeが改善さも悪くもなかったです。 これは、すでに驚くほどのどちらかです。

古い欠落テストベッドおそらく正確に、着用エンジン(オイル消費:L 1 / 4のh)を変更し、対策急いで行われ、多くの場合ではなく、条件が理想的ではなかったことに留意すべきです雨(いいです)! 最後に、我々はエンジンが変更されていたと言わなければなりません。 私はそれが時間の経過とともに改善の一定の証拠以来、重要かもしれないと思います。

だから私は、良い科学者が農家の証言に、明らかに懐疑的になったとして私を見てすることを決めた、とあなたは、いくつかの数字は驚くべき類似性であることがわかります! とても異なる公表値から出発し、そのような偶然を信じるのは難しいです! つまり、レポートはこれらの物語が真実であることを確認する傾向があるということです。 しかし、ベンチpourait上の唯一の通路はこれらの数字を確認することは明らかです。

公開された数字

この反射は以下の構成に基づいています。

1)22モンタージュ、マッセイファーガソントラクター95 CV: CliquezのICI
2)23モンタージュ、マッセイファーガソントラクター60 CV:CliquezのICI
3)インストール36、ドゥーツD40、40 CV:CliquezのICI
4)インストール42、ドゥーツ4006、40 CV:CliquezのICI

これらは、消費の数字(GOおよび水)前/変更後を提供する唯一の備品です。

変更前と変更後に記録フィギュア:

農場と分析

1)トラクターに描かれた平均電力を推定しました。

元消費で、私たちは、エンジンにかかる平均負荷を計算することができます。 、30は%収率、燃料5Lはエネルギー30cv.hを提供ので、これは元の消費1を掛けた後、機械的5の%の平均利回りを仮定可能です。 毎時20 Lを消費するディーゼルエンジンは、20 * = 5 100 cv.h.を提供します このエンジンに描かれた平均電力は約100品種です。

トラクターに要した平均荷重:

すでに我々はCVのMF 95で過剰消費を見ているが、これは劣化本来の性能および/またはエンジンのより集中的な使用によって説明することができる(農家を訪問し、遠くから彼のフィールドを見ました平坦で、仮説は)もっともらしい2iemeです
他の媒体負荷がより一貫している:50%平均負荷。

2)等価、改正後、水と燃料消費量との間に

消費の削減や水の消費量:

Nous calculons la réduction de consommation en % par rapport à la consommation d »origine, évidement il est supposé que les conditions de travail et de charge sont identique. La moyenne de la réduction de consommation constatée est de 54%. La consommation moyenne a donc été divisée par 2, c’est énorme et seul un passage sur banc d’un de ces tracteur permettrait de réellement montrer ( ou pas ) une consommation spécifique trés faible.

変更後、燃料消費量は、水の消費が1.43と2.5の間で変化すると比べ。 1.77の平均。 つまり、水の消費量はディーゼル消費量よりも少ない1.5 2.5倍になります。

燃料消費量と還元水の消費量との間に3)等価

消費の削減や水の消費量:

次のように最初の列が計算されます。(消費削減をGO)/(水消費量)=(消費は元のコンシューマ-GOゴー)/水の消費量を。
2ieme列には、元のGO消費で割った水の消費量です。 これは、物理的な何もないことを表す量であります

これらのレポートの相対的安定性2は非常に明白であり、農民によって提唱数字が本当であることを証明する傾向があります。 注入された水のリットルは、このように2燃料消費量の削減につながります。

De plus, la stabilité de la consommation d’eau/ consommation d’origine peut s’expliquer assez facilement. Les pertes thermiques d’un moteur sont évidement proportionnelles à la consommation de carburant et comme ce sont ces pertes ( 30 à 40% dans l’échappement ) qui sont utilisées pour évaporer l’eau, il est donc logique que la quantité d’eau évaporée soit proportionnelle à la consommation d’origine. La stabilité de ce rapport traduit également un « coefficient d’échanges thermiques » constant dans les différents montages d’évaporateurs.

4)結論

電源テストベンチの上を通過いずれかが存在しない場合には、農民が発表した数字について明白に結論することは不可能です。 それにもかかわらず、特定のレポートの安定性、発表の数字はまだ非常に異なっている間は、高度な値が実数であることを証明する傾向があります。 しかし、アカウントの数が多いほど、分析を信頼性になることは確実です。

それにもかかわらず、事実はこの仮説を確認し、これらは、我々のZxTD実装で見たのと同じ値である:水の1リットルは2燃費低下を招く消費しました。

我々は(...ターボチャージャー、間接噴射)負荷、さらにはエンジン技術を測定するための手段は、それが比較に達することができなかったので、異なるため、比較表にZxをの値を入れないことにしました水の消費量と比較して、科学的に許容可能な...しかし、同等の消費量の削減、それは、まだ同じ。

5)付録:水のエネルギーの蒸発

この附属書の目的は、水の蒸発エネルギーを評価し、値が一致しているかどうかを確認するために排気中の熱損失を比較するの一部です。

我々は20℃に(大気圧で)水バブラーを供給する100℃に達すると、それが蒸発することを前提と バブラこの場合には、すなわち、(0.8 0.9はバールに)のわずかなくぼみを支配するので、これは間違っている、私たちはエネルギーの必要な増加を得ます。

C°最初に100水の20°CのXリットルに蒸発させるのに必要なエネルギー:

EV = 4.18 * X *(100-20)+ = 2250 334 * X * X * X + = 2250 2584 * X.



これは、水を蒸発させ1リットル当たり2584キロジュールのエネルギーを提供することを含みます。

Les pertes à l’échappement représentent environ 40% de l’énergie thermique fournie à un moteur. ( 30% étant l’énergie utile et les autres 30% dans le circuit de refroidissement et dans les « accéssoires » : pompes diverses…)

排気内で消費される電力のために、あなたは、単に4 / 3のペイロードに補正係数を適用するために持っているので:充電10 10 * CVを有するエンジンがへの熱の4 / 3品種フォームを放散します排気は13.3品種です。

または時間(熱的または機械的のいずれか)この馬のための馬= W = 740 0.74 kWのは0.74キロワット時にエネルギーを提供します。

または1 3 600 000キロワット時= J = 3600 kJの

上に我々はそれがリットルの水を蒸発させるためにkJの2584 1のエネルギーを持っていたことを計算しました。

(1)熱馬ゆえ...残りの部分を簡単にするために、我々は0.74の値を保持します* 3600 2584 / 1.03 1 = Lの水を蒸発させることができるようになります。

(1)機械的な馬が=排気4 / 3 1.33熱Cv値を提供します、したがって、エネルギー(熱)の1.33%は排気ガスが回収されることを明らかに条件付き水の100 Lを蒸発させることができます。

Conclusion : les consommations d’eau sont ridiculement faibles en comparaison des pertes thermiques de tracteurs ayant une puissance de 40 , 60 ou 95 Cv. Dans ces conditions, il est même étonnant que les consommations d’eau ne soient pas supérieures mais il faut dire que les dimensions et formes des bulleurs n’en font pas des échangeurs gaz-liquides « parfaits »…on est même loin de la. Seule une faible proportion ( これらの分析上の任意のコメントは大歓迎です、使用をお願い致します 私たちのフォーラム このため。


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *