ドイツ:2008からのバイオ燃料支援の放棄


この記事を友達とシェア:

ドイツのバイオ燃料の提案大規模な開発を断念

L’Allemagne a dû renoncer le 4 avril 2008 à un des piliers de sa politique environnementale : le développement massif des biocarburants. « Tous ensemble, nous avons sous-estimé les problèmes », a reconnu le Ministre fédéral de l’Environnement, Sigmar Gabriel. Un aveu qui condamne l’E10, le nouveau carburant que Berlin voulait imposer dès l’an prochain et qui devait contenir 10% d’éthanol incorporés dans de l’essence classique.

その理由は、技術である。従来の燃料よりも腐食性混合物は、速すぎてエンジンの一部を着るかもしれないし、古い車には適さないであろう。 フェデレーションVDIK輸入の推定によると、約3,3万台は、バイオエタノールと従来のガソリンの新しい混合物とロールすることができないであろう。 さて、ガブリエルは既に不適当車両の数が百万を超えた場合、彼はプロジェクトを放棄するだろうと警告していました。

自動車運転者は、そのタンク内にE10を入れていることができなかった、スーパープラスに戻って、より高価な燃料されている必要があります。 このように、クラブADACドライバーはE10のコストアップを拒否しました。 すべてのストライプの政治家は、野党のフロントに入社していた、と環境保護自体はバイオ燃料生産のための培養法のキャノーラまたは大豆を非難し、したがって、食品業界と競合します。

Et à Christian Hey, secrétaire général de l’Office fédéral pour l’Environnement (UBA), de renchérir : « Les biocarburants représentent un danger pour la biodiversité, ils imposent une pression massive sur la forêt tropicale et détruisent les capteurs naturels de gaz à effet de serre contenus dans les sols non cultivés ».

プロジェクトの放棄の発表に続いて、氏ガブリエルはまだ目的があれば実現可能なままであったことを示す(2との関係で-40 2020%)をCO1990の排出量を削減するための野心的な戦略を擁護し続けました:
- 再生可能電力のシェアは(エネルギー・気候計画に30 2020%以下に発表した標的に対する)によって25 30の%に上昇させました
- 第二世代バイオ燃料の開発がサポートされていました。

Toutefois, l’abandon du projet n’est pas sans conséquence. Les biocarburants devaient permettre à l’industrie automobile de satisfaire l’objectif des 120 gCO2/km fixés par la Commission européenne. Les constructeurs devront désormais trouver « d’autres mesures techniques ».

ソース: ドイツBE


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *