・プレス新聞autoplus

895年1月2005日の週刊オートプラス番号XNUMXに掲載された記事

はじめに

このボックスは、市場に出回っているさまざまな燃料「エコノマイザー」のテストを目的とした、より完全な記事の一部です。


記事

AutoplusのPantoneエンジンの記事の抜粋はこのページで入手できます

したがって、記事全体を読みたい場合は、autoplus.frのアーカイブを参照して見つける必要があります。 数895. このためには、ここをクリックしてください.

次のようにこの項目の私達の検討は、次のとおりです。 「水ドーピングだけが消費の点で良い結果を示し、他のエコノマイザーは単純に」できることは非常に注目に値しますが、テストは減速時に過剰汚染に気づきました(おそらく注入された水の過剰とアセンブリの非最適化へ) "

分析と討論

からの抜粋 forum 議論

  • 結論は少し急いでいます:「水エンジン...それは汚染します...」

    すべての場合において、テストは「アマチュア」構造で行われました…メーカーによって作られた「実際の」プロトでの結果を想像してください…。 ?

    また読みます:  シトロエンBX TGE

    さらに、汚染除去のために行われたテストプロトコルがわかりません...これが低速(バブラーでの最大吸引とリアクターでの最低温度)で行われた場合、そのような結果を見るのは驚くべきことではありません...注入エンジン内の大量の水は燃焼を促進しません。まったく逆です。

  • エコノロジーが言ったように、車のエンジンが熟成しており、それはおそらく、パントンなし(どうやって?)未燃拒否する。
    また、試験汚染は、パフォーマンスパントンを促進しない、実際に静的なおそらくアイドルであります..
  • さまざまな燃料セーバーに関するこの記事の他のページでは、パントンリアクターのみが実際のゲインを提供することに注意してください。 8,9Lの代わりに10,7Lはすでに美しいです、他のものは最良の場合(添加剤)では何も追加しません、+最悪の場合は1リットルから100(イオナイザー)
  • 非常に良い記事。
    また読みます:  ミニチョッパー

    オートプラスでテストされたアマチュアアセンブリがこのような良い結果をもたらすのを見るのは、まだ非常に満足です。 未燃の場合、驚くべきことは何もありません。 エンジンの非最適化と残りの間で、それは予想されていました。

  • より多くを学び、議論に参加します。

    この記事についての議論に参加(またはすでに述べたことについて話し合う)するには こちらをクリック.

    コメントを残します

    あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *