ノルマンディーのNOVeA、グリーンケミストリーと生体材料

農業:グリーン成長の課題

バイオマテリアル、バイオエネルギー、グリーンケミストリーに特化したネットワークをオートノルマンディーで立ち上げます。

非食品農業生産(亜麻、菜種、麻、ミスカンサスなど)を促進するために使用されるこのネットワークは、「ノヴェア」と呼ばれています。 10年2009月XNUMX日木曜日、ユーレ地域のギバーニーで、食品農業水産大臣のブルーノ・ルメールの立会いのもと、正式に発足します。

オートノルマンディーでは、農地の15%が非食品評価の作物に充てられています。 亜麻を使用して、特に自動車産業で使用される複合材料が製造されます。 菜種を使って油を作ります。 それはまた、農業燃料であるジエステルの組成の一部でもあります。 燃料として使用できるもうXNUMXつのプラント:ミスカンサス。これは、大量のバイオマスを生成し、投入量が経済的であるという利点があります。 一方、麻は建物の優れた断熱材(ヘンプウール)になります。

また読みます:  カーボンサイエンスによるCO2の生体触媒作用による燃料

これらの「農業資源」の台頭は、持続可能な開発と再生可能なエネルギーの論理の一部です。

「Novéa」ネットワークの野心は、オートノルマンディーをバイオマスに関するイノベーションの主要プレーヤーとして主張することです。 目的は、これらの新しいセクターのプレーヤーを集め、地域のプロジェクトをサポートし、これらの分野での地域のパフォーマンスのイメージを構築することにより、これらの新しいセクターに関する研究開発イニシアチブをサポートおよび加速することです。 。

「Novéa」ネットワークは、Eure and Seine-Maritime農業会議所、Haute-Normandieの地域農業協同組合連合会、FRSEAHaute-NormandieとJeunesAgriculteurs deHaute-NormandieのXNUMXつの組合によってサポートされています。 CréditAgricoleNormandieSeine、AGRINOVATECH技術移転ユニット、およびEureの「EnterprisesandTerritories」領事館間協会。 それには、開発によって、産業家、研究者、地域社会が関与する必要があります。

ソース: France3アッパーノルマンディー

詳細: forum バイオ燃料とバイオ燃料

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *