GDP、成長、エコロジー:避けられない閉塞!

前のニュース(GDP、持続可能な開発、エコロジーが混在しない)、GDPを経済学と持続可能な開発の概念と調和させるのが非常に難しいことを示す、より詳細な推論です。

暖房用燃料の比較に基づいていますが、推論は燃料に非常に簡単に置き換えられ、使用済みオブジェクトの再利用にさえ、明らかにGDPの定義に従って富を生み出さないため、経済学者を悩ませます...

デモンストレーションは、3加熱燃料を最小のエコノロジカルから最もエコノロジカルなものにし、これらの3の例が作成されたGDPにエコノロジカルに反比例することを示すだけです。

言い換えれば、GDP = f(1 /エコノロジー)または 経済的であればあるほど、GDPと神聖な成長に良いことは少ない

したがって、現在の定義では、経済学はGDPと互換性がありません。

当然の結果: 富の創造と成長の別の尺度を整備する必要があります。

また読みます: アーバン汚染:ミラノは、混雑料金を選択しました

次の加熱媒体をすばやく比較します:燃料油、ペレット、木材(またはその他の「生の」バイオマス燃料)と「自己生産」のバイオマス。

ディーゼル、ジエステル、純粋な植物油などの燃料タイプでのデモンストレーションも可能です。 自作のhvbやフライパン。 反省と結論はまったく同じです、明らかに数字はわずかに異なるでしょう。

4の最近の同一の4m²住宅の120ケースを仮定します。年間の総エネルギー要件はm120あたりの2 kWhです。 そのため、年間に14 400 kWhの総エネルギーが必要です。

簡単にするために、同一の暖房システム(または既に減価償却済み)のコストを想定し、燃料コストのみに関心があります。

残りの推論 forums: 環境に良いほど、GDPに良いことは少ない

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *