成長、GDPとエネルギー消費量

エネルギーと経済成長:概要! Remi Guillet著。 1ere Part:成長とエネルギー.

読みます パート2:世界のエネルギー源.

著者について、RémiGuillet

レミ・ギレ

RémiGuilletはECNエンジニア(以前はENSM)であり、1966年に卒業しました。彼は大学でエネルギー力学の博士号を取得しています。 H.ポアンカレナンシー1(2002)およびDEAエコノミーパリ13(2001)

エネルギーと経済の成長

私たちが世界レベルでエネルギーについて話すとき、私たちは本質的に化石燃料について話している、エネルギーの他の主要な形は今日(5%未満!)逸話のままである。

火の実践により、化石エネルギーは明らかなように、まず固体の形(石炭)、次に液体(石油)、そして最後に気体の形(天然ガス)で男性に課せられました。 地球上のほぼどこにでも存在すること、その見かけの「豊富さ」、その比較的使いやすさにより、化石エネルギーはXIX世紀の経済成長の基盤となり、特に、XNUMX番目のXNUMX世紀の半分。

そして、これらの「フォーム」(フェーズは物理学者と言う)のそれぞれの使用を最適化したいという欲求は、多くの場合に素晴らしい革新とその他の技術的進歩(蒸気エンジン、熱エンジンなど)を生み出します。 XNUMX世紀を知っていた…

また読みます: 富に関する10の決まり文句

1980と2005の間の世界の化石エネルギーの場所:96%!
(出典/ DOE-USA)

世界の一次エネルギー消費

木材はカウントされません(全体の約10%)
*つま先は「一次」と呼ばれるエネルギーの「トンオイル換算」を意味します
注意:化石燃料の値は%に四捨五入されているため、合計は厳密に100%ではありません。

エネルギー量のこれらの割合の評価の最後に、10年の世界のエネルギー消費(木材を除く)の合計は2000ギガトンの石油換算(Gtep)であったことに注意してください。

しかし、この記事の最初の目的は、(GDPの)成長、エネルギー消費(したがって本質的に化石エネルギー)、および温室効果ガス(GHG)の排出の間のほぼ完全な相関関係を強調することです。以下の図を示します(少なくともOECD諸国の場合)。今後数年間の教訓を推測するために。

この図では、3回のオイルショック(1973、1979、2000)に続くXNUMXつの指標の一時的な減少も特定できます。

最後に、経済成長の追加ポイントでは、一次エネルギーで約0,5ポイント多く消費しますが、温室効果ガスの排出量(CO2、水、NOx、メタンなど)は0ポイント。

OECDの一次エネルギー消費とGDP

また読みます: オイルとサルコジ

1970と2001の間(100の1970ベース)

* GHG:二酸化炭素(メイン)、メタン、水、オゾン、窒素酸化物、フッ素化ガス…
(エネルギーのBP統計レビュー、GDPのOECD)

相関関係を理解し​​たい読者のために、彼らは2つの軸で報告することで十分です - 横座標のGDPと縦座標のGES、各年に関する3つの点を見るためには(この目的のためにスケールを選択した場合は、単一のアライメントでも)

これらの相関関係が観察されているので、これらのデータのいずれかの進化を調べて、すべてのデータの変化を知るだけで十分です。 そのため、GHGまたはより正確かつ便利に大気の内容の進化を長期間にわたって追跡することで、今までに知っていた並外れた経済発展の暗黒面に焦点を当てることにしました。大気中のCO2の計量的なもの、GHGの通常の指標(CO2だけが人間の活動による温室効果の55%から60%の原因であると推定されます)…

また読みます: フランスのエネルギー課税

したがって、次の図は、50年代の終わりに線形成長から指数関数成長への移行を明確に示しています。

コアリングによる2からの進化CO1850大気

80年代は、最も効率的な炭化水素の使用技術に関する会議の機会を与えるべきであると言う逸話ですが、最初の2つの「ショック」の後、資源の不安な大衆の前で「石油部門の未来」についても” ...石油資源危機の前に化石燃料の集中的な使用に起因する環境危機が先行することを強調したときに、ほとんどのリスナーが「不一致」と見なした発言を行う(大気含有量が安定していると見なされた時点でのCOXNUMX排出量...何が起こるかを把握するために!)...しかし、聴衆の注意は他の場所で最もよく見られました!

-詳細と議論 forums: エネルギーとGDPの合成
-読む パート2:世界のエネルギー源

「成長、GDP、エネルギー消費」についての1のコメント

  1. 作者情報レミ・ギレ...(the 01 06 16)

    10の10月号に掲載されているRémiGuilletの学術論文「エネルギーと経済の成長:概説と世界的課題」「環境工学と管理ジャーナル」p.2010も読むことができます。 9 1357-

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *