BMW C1

ケーススタディ:BMW C1(CityOne)都市車両の新しいコンセプト

キーワード:都市旅行、BMW、C1、スクーター、コンセプトカー、プロトタイプ、マイクロカー、都市自動車

BMW C1のスタディをダウンロードするには、ここをクリックしてください。

概要

都市は現在、人間の活動のほとんどを結集しています。活動の集中、したがって雇用の集中が、過去200年間の絶え間ない農村脱出を説明しています。

田舎は空になり、ますます巨大な都市を生み出しています。 多くのGeo-olitic Institutesは、次の世紀に向けて巨大なメガロポリスの開発を正しく発表しています。それぞれが20万人以上の住民をグループ化しています。 この傾向は先進国の特徴ですが、発展途上国も数十年にわたって同じ現象を経験しています。
田舎の砂漠は、都心のあふれる活動と対照的です。 高齢化した農村人口は、この農村活動の砂漠化を強化しています。 何千もの村が四方に見捨てられないように、この傾向を逆転させる必要があります。 インターネット(テレワーク)の台頭により、これらの荒廃した地域を復活させることができますか(信頼性の高い安価な接続が必要です)。 都市人口の集中は莫大な
問題がある場合は、輸送の問題に限定します。

都市活動は人口にとって重要な交通手段を必要とし、市内中心部は交通と人口の両方で飽和しています。 市内中心部の家は高価であり、職場の近くに住むのに十分なスペースがありません。 このように、個体群は中心部の周辺を移動して郊外を作り、中心部から数十kmを冠します。 さらに、家の近くで仕事を見つけることはめったになく、仕事をするために都市のかなりの部分を横断する必要があります。 活動に近い密集した住宅の巨大な柱の建設はこの旅行の必要性を制限しますが、フランスではアジアのモデルに基づいた寮都市が日の目を見ることは疑わしいです(そしてそれは良いことです)。

したがって、都市人口は定期的かつ体系的に多かれ少なかれ移動しなければなりません。 これらの変位によって引き起こされる問題は多数ありますが、単語の飽和、つまり循環と空気の声の飽和でまとめることができます。

政治家やメーカーがこの飽和をどのように削減しようとしているのかを見てみましょう。特に、新しい100%都市型スクーターBMW C1(CityOne)の設計研究に焦点を当てます。

BMW C1のスタディをダウンロードするには、ここをクリックしてください。

また読みます: ダウンロード:ソーラー電動スクーターを作成する(2 / 2)

「BMW C2」に関する1つのコメント

  1. エコロジーの面で最も遅れていないドイツでは、オートバイは保護地域の交通規制の影響を受けません。これは2007年以降ですか?
    私が翻訳したテキスト(私は二国間です)はフランス語のテキストと間違えられているようです:障害者用車両、建設機械、警察、軍隊、…収集車両(ダサウ氏とフィアット500)に感謝しますが、2つの車輪はありません!...

    統一された連邦規制:
    連邦公害法を実施している第35条からの抜粋(汚染物質の排出が少ない自動車の識別に関する規制-XNUMX. BImSchV)

    (。連邦法Gazette I、n°46、p 2218e)10年2006月1日から、5年2007月61日の規制の第2793条(BGBl。I、no。8、p。2007)で修正され、3日に発効2年3月の付録XNUMX(§XNUMXパラXNUMX)

    環境識別ステッカーの義務からの逸脱。

    §2パラに従って。 1

    次の車両も、交通禁止§40パラから免除されます。 「公害防止法」としての連邦法の1

    §2、段落1に従って識別ステッカーでマークされていない場合でも除外されます。

    1.移動機械、
    2.作業機
    3.農林用トラクター、
    4. XNUMXつおよびXNUMXつの車輪を使用して、
    5.救急車、適切な「医療緊急事態」の身分証明書を備えた医療用​​車(§52 para。6道路交通許可の問題に関する規制に準拠)。
    6.人、障害者、または重度障害者のための車両を押す、運転する自動車
    §3パラに従って。 1番 「aG」、「H」または「demonstrate BI」ルールの1〜3
    7.道路交通規則第35条に基づく特別な権利のための車両は、同じ状況で撮影することができます。
    8.ドイツの軍事協力に常駐する北大西洋条約の締約国ではない国の非ドイツ軍車両は、緊急の軍事的理由のために旅行に使用されることを条件として、
    9.連邦軍の法的義務を果たすための緊急旅行である限り、軍隊に代わって使用される民間車両、
    10.旧型(車両登録規則の§2 no。22に準拠)、§9 paraに準拠したインジケータ。 1または§17は、車両登録規制を指示し、欧州連合の別の加盟国、欧州経済地域またはトルコの協定の別の当事者の車両が認可されますが、 ''同等の要件に準拠しています。

    各自治体または市は、環境ステッカーなしで禁止の例外を許可する場合があります。 クワッドやトライクなどの特殊なタイプの車両は、一般的な汚染物質排出に関する法律の対象外です。 この車両は登録されているため、ここでは不可欠です。 これはここでは特に行われているため、オートバイと見なされ、したがって識別ステッカーの着用を義務付けられる車両とは見なされません。 四輪および三輪車には車の登録がありますが、ステッカー規制の対象にはなりません。

    基本的なルール:2輪と3輪の車はステッカーを受け取らず、ドイツの環境ゾーンに入ることができます。

    クワッドは割り当てられた車両カテゴリLの一部であるため、環境バッジは必要ありません。

    翻訳:A。マイヤー
    antoineottomaier @無料。

    元のテキスト。
    https://www.umwelt-plakette.de/en/infos/ausnahmeregelungen.html

    認可され、さらに推奨される配布
    このメッセージに返信

  2. 1年から2000年の間に生産されたBMW c2002でさえ、次の駆除業者のカートに入れられます…
    しかし、生態学的には非常に高潔です( https://www.econologie.com/file/transports/Econologie_C1_etude_design.pdf)それはあまりにも早く生まれ、今日でもまだ支配している時代の「雄鹿」のためにあまりにも進化しているため、禁止される危険があります。
    無鉛3、100ウェイ触媒、ラムダプローブによって調整された注入の95 kmあたり3リットル、そして私は付属の生命保険についても話していません!…

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *