エネルギー自立に向けて4ième革命。 ドキュメンタリーアルテテーマ:エネルギーそうでなければ


この記事を友達とシェア:



月2011では、アルテは放映しました Thema "エネルギーの違い" これは、これはメインレポートのためのビデオです。 「第4の革命:エネルギー自立へ」.

化石エネルギーとその代替案の問題に関するいくつかの俳優のコメントによって非常に完全かつ興味深いドキュメンタリー。

ドキュメンタリーは、参照するか、もう一度確認してください。

詳細:
ビデオの最後を参照してください
テーマについての議論:エネルギーそうでなければ
テーマのページArte.tv

第四の革命:エネルギーの自律に向けて

カール-Aによるドキュメンタリー。 フェヒナー(ドイツ、2010、1h22mn)

気候変動に関する悲観的な警告を超えて、このドキュメンタリーは、30年後の再生可能エネルギーへの解決策が可能であることを示しています。 世界のさまざまな部分では、フィルムは、様々な理由のために、化石燃料や原子力の放棄を可能にし、再生可能エネルギーに切り替えるための具体的な行動を行って、人々を満たすために起こっています。 たとえば、契約者は、エネルギー消費の1平方メートルあたり年間2ユーロしかかからないオフィスビルを設計する方法を説明します。 電気自動車、ソーラーパネル、風力タービン、バイオガスタービン、これらの技術はすでに実用的で効果的なアプリケーションを持っています。 そして、エネルギーの貯蔵や為替の問題をよりよく解決され、ヘルマン・シェアー、ドイツのMP、「エネルギー自立」(Actesシュッド、1999)の他の中2007代替ノーベル賞や作者などの専門家を確保します。

ドキュメンタリー部門で2010にドイツで最も入学を持っています - - この映画のディレクターに声を与えることを切望してもファティBirol、庁のチーフエコノミストの意見を受けてパリに本社を置く国際的なエネルギー、。 彼にとって、再生可能エネルギーの支持者はナイーブです。 彼らの言葉では、ほとんどかかわらず、彼らは彼らのプロジェクト生態系以外の問題を十分に認識しており、大規模な国際エネルギー群の反対が激しいだろうことを知っていることを示しています。 これまで以上に、「第4の革命」は政治的意志であり、我々は本当にそれをしたい場合はことはしないだろうことは明らかです。


以下の部品は、ここでご利用いただけます


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *